So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

BS洋楽グラフィティー [ ・ユニコーン関連]

●前にもチラッと書いた気がするけど、ユニコーンファンとしてはNHKのBS洋楽グラフィティーがたまらなく面白い件。

先日は「70's Vol.5」が放送されていて。ブロンディの「Heart Of Glass」が流れていた。ジャンルとしては「ニューウェ-ブ」、高い声の女性ボーカルの曲。近年でもよく「そこここ」で耳にする曲ではある。CMとかかな? 断片だけ。

軌跡!ザ・ベスト・オブ・ブロンディ

軌跡!ザ・ベスト・オブ・ブロンディ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 1996/07/24
  • メディア: CD
※リンク先でPC試聴可能。

ちゃんと始めから1曲聴いて、驚くわけです。

( ´-` ).。oO(なにこれ「ヒゲボ」サビのキーボードの音色w)

1フレーズ終わって間奏(?)部分でチラッと聞こえる……なんと言ったらよいか……「ヒゲボ」サビのバックで「ギラついた砂」みたいな音色(?)で鳴っている、あの音。ネタ元はこの曲だったか!? (≧▽≦) と。画面を見たら、なんか小さくて四角い箱(笑)を操ってその音を出していました。


●ここで、口の悪い人が「パクリ」というユニコーンの音遊びと、ホントのパクリとの違いを痛感。

ユニコーンというバンドは、「昔の楽曲の音の断片」をあからさまに入れ込む遊びを面白がってよくやる。けど「昔の音のマネ」というのは、相当労力がいることでね……。

ユニコーンが「ヒゲボ」を出したのは、1991年。多分キーボード的にはYAMAHAの「DX7」という機種が一世を風靡していた頃。

DX7にどんな音色が入っていたのか(いないのか)残念ながら知らないんだけど……。多分'90年代に、あの1979年の「小さくて四角い箱」の音色を再現するのって、かなりの手間だったんじゃないかな、と思うんだ。

音色にも流行ってのがあって、時代時代で(簡単に)出せる音っていうのは限られている。だから、昔とそっくりの音を出すのって、実は相当音に凝らないとできないのよねー。

例えば、民生さんはソロ作品でよく「ビンテージ風の音」と評される'60~'70年代辺り(?)の音を作っているけど、あれなんかは「その当時のアンプ」やら何やら、入手困難であろう機材を集めないと作れないんでしょ(多分)。古い音のニュアンスを出すには、そこから始めるものだと思う(多分)。正確な知識がないので、「(多分)」づくしで申し訳なし(^^;)。

つまり、よほど音や機材について研究し尽くして手間をかけないと、「昔っぽい音色」というのは出せないものだと思うんです。あと、機材だけそろっていても演奏を再現する技術もないと「それっぽく」はならないしね……。

ユニコーンの編曲でチラホラ出てくる「昔の音」風の音って、その裏に実は「音の探求」とか「高い再現&演奏技術力」があるんだよね。

で、あくまでも超有名曲の、誰もが「ああ、あれ」とわかるところから「あれを、ここに持ってきましたよ♪」とわかるように提示する。それがユニコーンの遊びなのであります(笑)。

音をちゃんと追求しているから、マネた音が安っぽくない。パッと聴いただけですぐに原曲が思い出せ、「そこを持ってきたか……ニヤリ( ̄ー ̄)」と笑える。そのニヤリのためだけに、ものすごい労力を費やしているんです、あの人たちは(多分)。そのある種のバカバカしさに、笑いが込み上げてきます。

人はそれをユーモアというんだな。

私の嫌いな「パクリ」屋さんは、そんな「研究」はしていない気がします。フレーズの、音の並びをマネするだけ。ひどいのは、あまり知られていないインディーズ作品からフレーズを持ってきて、それを1、2音だけ音を変えて自分の作品のサビにしちゃってた。あれには「ユーモア」は感じられなかったな……。あれは盗作を訴えてもいいレベル……(以下自粛)。

そこんとこのユーモアの「ある・ない」の違いは、是非ともユニコーンファンでない方にもご理解いただきたいところです。


●ということを踏まえて、ユニコーン作品の「パッチワーク」の片鱗と思われる拾いモノを、もう少々。

続きを読む


「アメリカかぶれ芸人」の星は……? [★シロウト占い遊び(算命学)]

●テレビ番組「アメトーーク」の、テーマ「アメリカにかぶれてます芸人」を視聴(2017年5月11日放送)。皆さん、アメリカ文化への熱い想いを語り、演じておられました。

 → 「この人たち、算命学でどんな星を持った人たちだろう?」、発動!(笑)

(仮説)海外というからには、海外に関心が高いとされる「龍高星」または「天恍星」が多い……とか?

……などと思いつつ、出演者の星の数を数えてみましたよ♪
(本来の算命学の利用の仕方からはかけ離れた手法です)


出演者の星の数を並べてグラフ化してみました


某海外ドラマとマンガの感想 [★映画・ドラマ・テレビ]

●2017年4月から始まった某ドラマを見ていると、以下のようなキーワードにキュンキュンする(笑)。

・お屋敷
・貴族
・使用人
・執事
・一族で狩り
・外国の寄宿学校
・養女

……これらを見て心が動いた方は、おそらく同世代でしょう(笑)。アンソニィィィ!

某ドラマとは、『ダウントンアビー』第6シーズン。そしてその用語から連想したマンガが『キャンディ・キャンディ』。どちらも舞台設定に「第一次世界大戦前後」の「貴族社会」がからんでいる。

前者は1912年~1925年(仮)のイギリス貴族の生活が舞台。後者はアメリカの……貴族はいないよね? いないけど貴族っぽい生活を送っている富豪一族に、庶民が養女として迎えられる……話。

貴族と庶民の厳然とした階級差……がありながらも交錯する人間ドラマが描かれている点など、世界観がかなり近い(^^)。

ダウントン・アビー シーズン1 バリューパック [DVD]

ダウントン・アビー シーズン1 バリューパック [DVD]

  • 出版社/メーカー: NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
  • メディア: DVD


キャンディ・キャンディ (1)  講談社コミックスなかよし (222巻)

キャンディ・キャンディ (1) 講談社コミックスなかよし (222巻)

  • 作者: いがらし ゆみこ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1975/10/02
  • メディア: コミック

イギリス貴族社会についてはあまり知らなくて。このドラマで初めて垣間見たんだけど、同時代を描いたドラマ「名探偵ポワロ」とあわせて考えても、かなりリアルなんじゃないかな。


●『ダウントン……』を見ていて(途中からだけど ^^; )、数十年ぶり(笑)に『キャンディ……』の世界を思い出した。

あのマンガ、原作ものだっただけに、設定がとてもしっかりしている。いま考えると、決してフワッとした「イメージだけ」では描かれていない。(後年、原作者と作画者の間で残念な行き違いが発生したのは残念)

ちょっとネタバラシ? 的なひとりごと


民生さん×映画『カーズ』 [ ・奥田民生]

●2017年5月8日。つい先ほどのテレビ(芸能ニュース)で、民生さんが映画の主題歌を作った、と映像込みで見ました!

映画は『カーズ』シリーズの最新作。真っ赤なレーシングカー「ライトニング・マックイーン」が主人公の、CGアニメ。それの「日本版主題歌」を担当されたそうです、「車が好きだから」との理由(?)で♪ 民生さん、マックイーンの色に合わせて赤の「RCM」ロゴ入りシャツ着てた( ´艸`)。

その主題歌に乗せた宣伝用映像も流れたんだけど、「映画館で聞く用」っぽく(?)ボーカルのエコーがかなりかかった感じ。曲は洋楽っぽいかな? 

これはもう一度聞かないとわからないんだけど、「もしかして:演奏=すべて民生さん」かも? ドラムのフレーズが、シンプルなようでいてどこかクセのある、民生さん独特の叩き方のような印象があったので……(違ったらゴメンナサイね)。

朝のニュースは同じネタを繰り返すから、また放送してくれないかなー? と、ビデオをスタンバイして待ってます(笑)。

【追記】
何も具体的な情報がなくて失礼(^^;)。

・映画タイトル:『カーズ/クロスロード』 (ジョン・ラセター監督、2017年7月15日公開予定)
・日本版エンドソング:「エンジン」 (奥田民生作)
・情報詳細:http://www.cinemacafe.net/article/2017/05/08/49199.html






ポール来日&Sgt.50周年!? [ ・THE BEATLES]

●春の大型連休チョイ前から、ポール御大、絶賛ライブ中!
友人から「行かない?」って声掛けてもらったけど、とても行かれません! チケット1万9千円なんて……8回ライブハウスに行けるじゃないか……(え)。

ポールは大好きだけど、あの大会場でのボワボワして遅れた音を聴くのは、あまり楽しくないと常々思っているので……。宝くじで6億円当たってたら、行ったかもだけど(^^;)。ジョージ・ハリスンがなくなる前にドームライブ(確か)行ったけど、ジョージが米粒より小さくて、臨場感ほぼナシ。後から「行っておいてよかった……」とかあんまり思わなかったもんなぁ……(ё_ё)。

テレビニュースでポールが歌っているのをチラッと見て

( ´-` ).。oO(御大、今年もお元気で何より……)

と遠くから喜んでおります♪


●さて、知らなかったのは『Sgt.Papper's...(以下略)』が発売50周年(!)で、記念ボックスが発売されるということ。

どれどれ……と特別サイトをのぞくも、目が……目が……(背景が真っ赤なので、チカチカします ^^; )。

仕方ない、コピーして引用しよう……と思ったけど、情報量が途方もなかった(^^;)。
概要は以下のような感じです♪
170430_Sgt概要.jpg
ちょっと端が切れちゃったけど、要するに

・今回のリリースは『Sgt.Papper's Lonely Hearts Club Band』アルバムのステレオリミックス盤が柱。「1CD」はそれオンリー。英語詞と対訳付き。

・「2CD」「2LP」は、上記に未公開「別テイク集」が付く。曲数がそれぞれ、微妙に違う(^^;)。

・「6枚組」は、さらに『Sgt....』の「メイキングドキュメンタリー」映像やら関連プロモフィルムやらの映像特典付き。あとポスター2枚と144ページの豪華本、日本盤独自のペーパージオラマも!?

……ということらしいです。

【1CD】
サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド

サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Universal Music =music=
  • 発売日: 2017/05/26
  • メディア: CD

【2LP】
サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(2LP) [Analog]

サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(2LP) [Analog]

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Universal Music =music=
  • 発売日: 2017/05/26
  • メディア: LP Record

【2CD】
サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(2CD)

サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(2CD)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Universal Music =music=
  • 発売日: 2017/05/26
  • メディア: CD

【6枚組】
サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)

サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Universal Music =music=
  • 発売日: 2017/05/26
  • メディア: CD



さあ、どれを選びますかねぇ……。
アウトテイク曲について、想像をチョロッと以下に。



個人の感想(^^;)


数理法? 何ソレ、おいしいの?() [★シロウト占い遊び(算命学)]

●仕事が続くと思いきや、ポコッと休みができまして。算命学関連サイトを久々にネットサーフィン。
 → 見たことないサイトが増えていて、見たことない数値を算出してくれる、とな!?
 → どっぷりハマリました(≧▽≦)。

それがどうやら「数理法」という技法らしい。以下で見かけました。
以下、当記事内のリンク先について、当ブログは内容の正誤・該当サイトの営業内容等について一切の責任を負いません。ご利用は自己責任でお願いいたします。

★お教室サイト「算命学占星術
 → リンク先、下の方に行くと「簡易診断」として生年月日入力欄あり。
 算命学の点数は高ければよいわけでもないのだけど、むやみに「低い点数」が出てくると悲しくなる方・落ち込みやすい方はスルーをオススメします……。

このサイト様で算出されるのは、いわゆる「気エネルギー値」ではないです。生年月日を入れると「出会・恋愛・結婚」「実力・評価」の5項目が、12点満点で表示されます。
※簡単に「気エネルギー値」が知りたい場合は、コチラの無料占い「3」へ。 (「数理法」というジャンルを他サイトで突き詰めて調べていくと、結果的に「気エネルギー値」の手計算方法にたどり着きます。ただし「十二大従星の出し方」とかいろんな手法を駆使する必要があって、理解できるまでに恐ろしく時間がかかりました☆)


……「ハマリだしたらとことん追究」星をたくさん持っているワタクシ、この数値がいったい何なのか、当たっているのかどうなのか気になって。早速まわりの人たちの数値を集めてみました☆



個人的感想


「ウソだと思うなら、やってみな。」その2 [ ・奥田民生]

●やった! 2017年4月15日土曜日朝の「ピラゴラスイッチ」、無事に録画できていました。お目当てはもちろん、民生さんが歌う「ウソだと思うなら、やってみな。」の別バージョン♪

いまテレビが家人に占領されているので、うろ覚えでしか記事が書けないんだけど……(^^;)。

曲は同じ。本日の実験は「まつぼっくりを水につけて、それを出したらどうなるか」。アニメの歌詞に「まつだまつたろう」が出てきたと思います(笑)。【追記】「マツゴロー」だったわw

締めのナレーションが「けっこー、時間かかるぞっ(白目)」。前回とは雰囲気が変わって、「(白目)」と書き足したくなるような(≧▽≦)、ちょっとツッコミ風の口調でしたww 前回と変化がついてよいです(^^)。妄想だけど、民生さん、アゴをちょい上に上げて眉も上げて、やっぱり口をとがらせて笑っていそうな気がするwww 

そしてコーラスの2回目が、やっぱり川西つぁん声に聞こえてならないという……(^-^; ホントは誰なのか、どこを調べたらよいのでしょう(困惑)。


今週の再放送具合と同じなら、来週も3回ぐらい再放送で見られると思います♪ 曜日までは把握できていないのですが、毎日Eテレの番組表をチェックしてみましょう(^^)。


取り急ぎレポートまで♪






「ウソだと思うなら、やってみな。」(^^) [ ・奥田民生]

【追記】同コーナーは今のところ2パターンあって、次回放送は2017年4月15日らしいですよ!(ネタ元:アニメ担当?Saki Muramotoさんサイト、4月7日付記事。https://www.sakimuramoto.com/single-post/2017/04/07/%E3%83%94%E3%82%BF%E3%82%B4%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%83%83%E3%83%81%E6%96%B0%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%80%81%E3%82%A6%E3%82%BD%E3%81%A0%E3%81%A8%E6%80%9D%E3%81%86%E3%81%AA%E3%82%89%E3%80%81%E3%82%84%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%81%AA%E3%80%82


●我が家の録画機には、「奥田民生」という語が自動録画登録されている。番組情報に「奥田民生」の文字が入っていたら、他の予約と重ならない限りキッチリ録画してくれる♪ 「ユニコーン」を登録したらメルヘン・ファンタジー系の余計な番組ばかり録画されてしまっているのはナイショw

さて。数日前、録画した覚えのないNHK Eテレ「ピタゴラスイッチ」がAUTO録画されていた。なんの間違いだろう? と思いつつ、番組自体嫌いではないので倍速で視聴。

なんかかわいいアニメが始まって、それが「卵が塩水で浮く」実験映像になって、バックに歌がついているな~と思ったら、最後に字幕で「うた 奥田民生」……え~っ!? Σ(゚д゚;)))

不覚にも全然わかりませんでした、倍速だったとはいえ! 歌い方がぁぁぁ……こんなにきっちり歌う民生さんってぇぇぇ……(笑)。「NHKですから」w

番組タイトルが終わってすぐのコーナー。倍速をやめて、このコーナーばっかり五度見くらいしました(笑)。


●演奏が多分、栗コーダーカルテットとかの人だろうから(多分)、アコースティック&ポコポコかわいい音で、とってものどか♪ ユニコーンでは絶対聞けない、重くない軽やかな音!(≧▽≦) 作詞・作曲は、民生さんじゃない。
------------------------------------------
作詞:うえ田みお
   佐藤雅彦
作曲:栗原正己
------------------------------------------
だから民生さんは本当に「純粋な歌手&ナレーター(!?)」としてのご出演。

情感たっぷりでもなく、科学実験的なVTRにそえてある歌なのでマジメに淡々と、しかしどこかとぼけた味のある、力みのない歌い方~♪ サビ(?)の「タンタラターン」ってところで、2回目のコーラスが、我らがチョットオンチーみたいな声&歌い方だったのよね……。でもそうだったら「うた ユニコーン」になる……? 他のコーラスは全然別人っぽいので、ただの気のせいと思われ。

歌中のタイトル部分、「う・そ・だ・と/お~もうなら/やってみな♪」のメロディーが、どこか所ジョージさんっぽいつくり。でも歌い方はそうじゃない。淡々。んでこの部分、女子(オバサン)には出ない、すっごい低音。民生さん、声低くなったなぁ……とつくづく思う(≧▽≦)。

で、このフレーズのあと、民生さんの声で「あ、そーれ」みたいなテンション低い生真面目な(笑)掛け声が。思わず植木等さんの「スーダラ節」を連想ww(民生さんは悪くない、むしろ民生さんはそれっぽくなるのを極力避けたから、淡々と抑え気味に歌ったと思われ)(実際のところ、この歌のつくりで所さんにも植木さんにも引っ張られずに独自の歌い方をするのって、実は相当考えないといけなかったんじゃなかろうか……?)

ともあれ、曲のテイストが教育番組(?)らしくかわいく、アニメがすっとぼけているので、それに合った歌い方の民生さん……相当新鮮です♪


SMA公式で民生さんが「声とうたで出演」とあって。この「声」というのが、タイトルコールと締めのひとこと

番組公式サイトでは「うたのコーナー」とあるけど、前述のように実験の映像につけてある歌なので。今回は「その1 タマゴ と しお の はなし」。え、ってことは「その2」以降もあるの!? 期待しちゃうよ? ワクワク ←2017年4月現在、「その2」まではあるそうな。記事冒頭・アニメ作家さんのブログ参照。

水に入ったタマゴが塩で浮くよ、ってアニメのあと「ウソだと思うならやってみな。」→水入りビーカーにタマゴと実にたくさんの塩を入れて混ぜる実験映像。歌が終わって、締めのひとことが。

民:「かなり、塩を使うゾ!」

(≧▽≦)

「ゾ!」ってカタカナで表記したくなるような言い方w 照れながら口をとがらせておっしゃっている気がしてなりませぬw


放送のタイミングはまったくナゾだけど、この番組のパターンとして、当分は不定期で繰り返し放送されるのではなかろうか、と思われます。(憶測)
【追記】自動録画にしたら、当記事投稿週だけで3回録画されてましたw いずれも「その1」。

確実に視聴したい方は、録画機の自動録画機能をオススメします(真顔)。


たんたんたーん、たんたらたーん♪

‹‹\(。^ω^。)/››‹‹\(    ´)/››‹‹\(。^ω^。)/››





「花文字」という魔法☆ [★その他の趣味]

●ちょうど1年ほど前、算命学の鑑定士さんのブログで、ハッと息を呑むような美しい「花文字」というものに出合いまして。その後、昨年末にもう一度花文字関連の記事があって。

この先生の色づかい、ワタシとても好き! 他の花文字サイトもザッと見たけど、圧倒的に一番好き! 

……ということで、年明けぐらいからずーっと、気になっていました。なんでこんなに作品を拝見していてワクワクするかしら? って。

「気になる……自分で描きたいのかどうかよくわからない……でも気になる……」みたいな感じだったので、「気になるなら、体験してみるべし!」と思い切って公開講座に参加させていただきました! いや正確に言うと、行けるかどうか微妙な日にちで直前に予約電話をしたものだから、満員の公開講座には入れなくて、そのあとの講座にムリムリ体験参加させていただいたのでした。飛び込みでご迷惑おかけして申し訳なし(>_<)。あ、ちなみに「算命学」と「花文字」は、直接は関係ないです。多分。ワタシが個人的にその両方に惹かれているっていうだけで(^^;)訂正。この先生が算命学と花文字を絡めてスタートしておられる模様♪(先生のブログより)

講座の営業妨害になりそう(^^;)なワタクシの「体験作品」が、コチラ。
    ↓
170407_花文字体験作品.jpg ←「叶(う)」という字を体験させていただきました♪

いや~、難しかった!(>_<)
※念のため、子どものころからずっと、水彩画もお習字も「超」苦手だった人間が初めて描いてみた感想、でございます(笑)。



以下、個人的感想(^^;)。


「となりのベートーベン」見ました~♪ [ ・奥田民生]

●大変遅ればせながら。2016年9月に発売された民生ソロイベント「となりのベートーベン」をお友だちから借りまして。やっと見ました。2015年12月のイベント……だよね(^^;)。


奥田民生 生誕50周年伝説“となりのベートーベン” [DVD]

奥田民生 生誕50周年伝説“となりのベートーベン” [DVD]

  • 出版社/メーカー: ラーメンカレーミュージックレコード
  • メディア: DVD

感想?

感動した~♪

とくに「股旅(ジョンと)」が!www

全体の感想を言うと……これは「本当に民生作品ファン」の方に怒られるかもしれないんだけど……民生さんの曲って、民生さん以外の人に似合う曲が多かったのか!? って(≧▽≦)。

民生さんは、他の人の作品を自分の歌であるかのように自在に歌いこなす。

それとは逆に、民生さんの作った曲を他の人が歌うと、まるでその人のオリジナルだったみたいにしっくりくる、そんな作品がこんなにあるとは! というか、正直民生さんボーカルで聴いたときに「うん……」と思っていた曲が、「わ、これカッコイイ!」に変わったというか。とくに「明日はどうだ」「あくまでドライブ」が! 実にバラエティー豊かな感じが、とてもよかった♪

詳細は、音楽評論家・平山雄一さんのレポに譲るとして……


以下に好きな場面をメモ♪(今さらながら ^^; )



個人的にこんなところが嬉しい♪


前の10件 | -