So-net無料ブログ作成
検索選択

「クリスタル・タロット」買っちゃった(^^;) [ ・タロット遊び]

●タロットリーダーでも何でもない、ど初心者なんですが。

2個目のタロットを買ってしまいました(^^;)。同タイトルのタロットは二つあるんだけど、イタリア製で「ステンドグラスのような」と形容される方。日本製の本が付いているの「じゃない」方、です。


(理由1):この秋冬はホントーに忙しくて気持ちがキュウキュウしていたから。ガス抜きの何かが欲しかった(^^;)。

(理由2):絵・デザインの観点から、同タロットへの興味が強くなった。

(理由3):パソコンでボランティア作業をしながら、気分転換に「今、クリスタル・タロットを買ってもよいですか?」とタロットを引いたら、「カップの3」が出た=トートタロットでは「楽しみ(物質的満足)」を表す。→楽しんじゃえ~!(ボソッ) ←勢いの衝動買い(^^;)。


年末の慌ただしい中(笑)、手元に届きました♪

とりあえず、開封レポwww


Crystal Tarot (Lo Scarabeo Decks)

Crystal Tarot (Lo Scarabeo Decks)

  • 作者: Elisabetta Trevisan
  • 出版社/メーカー: Llewellyn Pubns
  • 発売日: 2001/09
  • メディア: ペーパーバック


●Amazonから、クッション封筒で昨日到着。封を開けると……。


デカッ! (いや、初めて買ったトートタロットがポケットサイズだっただけであり……)

161229_1610-01_0001_0001.jpg


箱から中身を出してみました。

お! 専用の解説書が入っている!(英語とかだけど) 

161229_1611-01.jpg


解説書の下には……「!?」

161229_1612-01_0001.jpg

違う柄のものが出てくると、一瞬焦ります(^^;)。ロ・スカラベオ社による、「タロットアソシエーション」サイトのご案内がカードになって入っていました。ちなみにこの絵は、同社による「ロ・スカラベオ・タロット」の「愚者」の絵柄らしいです。うん、このタロットの絵もクセがなくていいねぇ……(おい ^^; )。


それをよけると……「えっ( ゚д゚)!?」

161229_1612-02_0001_0001.jpg

ネットで見ていた「月」の柄の一部だけど……コレ何!?

 → カードの裏側が、ネットで見ていた「単色・上下不明の柄」からデザイン変更になっていました! はじめましてw


ちゃんと占いをするために買って、正位置・逆位置を気にされる方には、これはちょっと困るかもね……。ワタシは観賞用に買ったし逆位置をとらない(?)ので、一向にかまいませんが(^^;)。

161230_0137-01(濃いめ修正).jpg


ワタクシ、カードの束を裏から見ていってたようなので、束をひっくり返すと……「え」。

161229_1614-01_0001.jpg

また意味不明のカードがもう1枚。これはデッキ名が5カ国語で書かれたもの。裏面は他のカードと同じ。なくしたときの予備に使えそう……?



……ちっとも本体の姿が出てこないwww ここまで、サンドイッチの外側のパンばかり食べている状態です(笑)。


解説書をパラパラしだした辺りで、インクのニオイがきついことに気がつきました。これは人によって気になるでしょうね。そのうち薄まるんじゃないかと思うので、スルー。わかんないけど。



●さて、やっと中身です。


大アルカナ、美しいです♪ 

何を引いても「ギョッ」とすることはありません。それが占いにとって良いかどうかはわかりませんけど。最近、トートタロットで「悪魔」ばかり出てきてね……そのたびに「Σ(゚д゚;)))!」って(笑)。


ネットで画像を見た印象よりは、少し鮮やかな色みのように感じましたが、これは我が家のパソコンの色調のせいかもしれず。インターネットでカラー印刷物を買うのって、イメージと違っていたりして難しいですね(^^;)。


人物の表情が、抽象的にぼかしてあるものと、やけにリアルなものとあって。リアルな方は、「これ、タレントの誰かに似てるw」とかって感じで、実に生気に溢れています。画像は、商品販売サイトとかにあるので省略しますが……。

161229_1629-01.jpg

「太陽」だけ、ご紹介。なぜなら、この絵柄にあまりにも惹かれて買った……と言っても過言ではないから♪ なんだろう、この幸福感(^^)。



●問題は、「マルセイユ」版風だと噂の、小アルカナ。まずは各スートの雰囲気を。


以下はあくまでもコート(人物)カードのみの雰囲気。数札については、あとでまとめて……。

161230_0117-01.jpg

↑ カップ(杯)……「情緒の領域」を表すとされているだけに(?)、全体的に明るくて優雅です。コートカードとエースには、必ず蝶のような何かが小さく描かれています。


161230_0125-01.jpg

↑ ディスク(金貨)……「物質の領域」、金貨以外は地味で抑えめの配色です。(それもまた美しい~♪)


161230_0130-01.jpg

↑ ワンド(棒)……「欲望の領域」? クイーンとナイトはキラキラして勢いのある色ですが、キングとネイヴは地味め、かつ少々憂鬱げな表情をしているような……???


161230_0134-02.jpg

↑ ソード(剣)……「思考の領域」を表すということで、冷静さの青を基調に印象的な強いピンクもチラホラ入って、キレイな配色♪ 意外だったのは、一番左が「キング」で同右が「ネイヴ」だったこと。ネットでチラッと見て、逆だと思ったのよね~。右の人の方が重々しい感じがして。


……コートカードが「キング」「クイーン」「ナイト」「ネイヴ」である時点で、トートタロットの「ナイト」「クイーン」「プリンス」「プリンセス」と違っていて混乱するのですが……いいや。最終的に「観賞用」として買ったのですから(笑)。


ここで、ちょっと表情特集。気になった「リアルな表情」を。

161230_0117-02.jpg

↑ 「カップのネイヴ」。ネットで見たら全体の配色が非常に美しくて、「ネイヴだけど姫か!?」くらいに思っていたカードでしたが……ヒゲの生えた優雅なオッサンでした(≧▽≦)。


161230_0126-01.jpg

↑ 「ディスクのキング」。これはカッコ良くてネット画像から気になっていたカードなんですが、残念、印刷前のチェックが甘かったか、キングの肩に大きな白い綿ぼこりが(違うw ネット上の古い画像にもあったので、印刷原版の汚れか原画のミスか……これは、「こういう絵だ、アクセサリーかなんかだ♪」と思うことにしようっと♪) ←職業柄、気になっている(^^;)。


161229_1620-01.jpg

↑ 「ワンドのナイト」。実物の展示か何かを見て、「ドヤ顔すぎる……(´・ω・`)」と吹いたのは、このカードです(笑)。


161230_0135-01.jpg

↑ 「ソードのナイト」。何か思い悩んでいるように見えると同時に、実際にこんな顔の人、知っているような気がしてなりません。ああ……嵐の櫻井くんっぽくない? 知的な表情よね!


●さて、わかってて買ったんだけど、問題の数札について。
似ていて、見分けや読み方が難しいと言われているけど、「何がどのくらい似ているのか」……それが知りたかったのも、購入の理由でした(笑)。

そっくりさん、行きますよ~!
161230_0124-01.jpg6と8
161230_0124-02.jpg7,9,10
161230_0121-01.jpg5,8
161230_0122-01.jpg6,10
161230_0122-02.jpg7,9
161230_0128-02.jpg3,7,8
161230_0129-01.jpg5,9
161230_0133-01.jpg6,9
161230_0134-01.jpg4,8,10

うん、これは、それぞれキレイだけど意味を読み分けるっていうのは難しいよね! 背景の柄が同じだということは、それなりに意味合いが近かったりするんですかね?(ポジティブかネガティブか……とかが……?)

わかってたけど、不勉強だと堪能できないのね。解説書を丹念に読みながら、「数×各スートの意味」を体得していくにつきますね……。

数札がこうだとわかった時点で、「占いに使う」って目的は半ば放棄(^^;)していたのですが。実物を見て逆に、「理解してやろうじゃないの!」という闘志(笑)が。だって、こんなキレイなカードが使えたら、楽しいだろうな~って思ったから。(別に、大アルカナだけで使ってもいいわけだけど、ワタクシ割と「大アルカナか、そうでないか」で事の重大性を測る方なのでw)

これは、買わなければわからなかった心境の変化(?)ですね~(笑)。後で、実際に使ってみましょう♪


興奮のあまり、長々と失礼しました(^^;)。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。