So-net無料ブログ作成

算命学の対面鑑定を受けてみた! [★シロウト占い遊び(算命学)]

●もう、ご縁だったとしか思えない。もしくは「そういう機運だった」と言うべきか。

昨日、なんの気なしにインターネット検索したショッピング街に占いコーナーがあると知り。
しかもスケジュールを見たら、その日は算命学を扱っている鑑定士さんが担当であると。
家の中でクシャクシャした気分を抱え続けることに耐えられず、衝動的に足を運んでしまった。

実はワタクシ、「アルバイター」を名乗っているけど、現時点では実質ほぼ無職。
同居の両親の大病をきっかけに恐らく「適応障害」にかかり、
在宅仕事をこなすとエネルギーが底をつく状態。
外出すらおぼつかなくなってしまっていた。

すぐ体調を壊すので漢方医院に、不眠があるので心療内科に通院。
それがもう何年か続いている。
「もっと違う生活をしたい(けど、どうしたらよいのかわからない)」という
それなりに切迫した気持ちがあったので、普段は「何でも無料万歳主義」(笑)ながら
「20分3000円でも、生活を変えるきっかけにできるなら惜しくない」と思い切った。
(実際には入り時間をメモし忘れたうえお話が長くなって、32分の5000円になってしまったんだけどね。アイタタタ~。「予算3000円」って事前に言おうと思ってたのに、言い忘れた~ ^^; )

結論から言えば、鑑定士が何をしてくれたかというと「カウンセリング」だったのね。
算命学(とタロット)は、そのきっかけとなる材料にすぎず、
そこから依頼者の共感を引き出したり、背中を押したりしてくれるのだな。
算命学対面鑑定体験を、以下にメモ書き。


中森じゅあんの算命学入門: 自分のすべてを知る中国最古・最高の運命学

中森じゅあんの算命学入門: 自分のすべてを知る中国最古・最高の運命学

  • 作者: 中森 じゅあん
  • 出版社/メーカー: 三笠書房
  • 発売日: 2011/11/12
  • メディア: 単行本
※この書籍は、今回受けた対面鑑定とは関係ありません。「anan」「クロワッサン」ムック著者の、女性向けに限らないバージョンの入門書というか。


対面だとやりとりできる情報が多いよね!


「潮騒のメモリー」、CD発売! [ ・クドカン世界&『あまちゃん』]

●NHKのいわゆる朝ドラ「あまちゃん」の勢いは、すごいね!
早めの夏休みで妹の家に泊まりがけで行っていたんだけど、
朝ドラの時間には登校しているはずの小学生の甥が、「じぇじぇっ!」を連発。
子ども心も鷲づかみの、近年まれに見る大ヒットドラマに。
今年の流行語大賞に「じぇじぇっ」がエントリーすること、間違いなし!(^^)

そして、ついにドラマの劇中歌「潮騒のメモリー」が、7月31日にシングルCD発売!

ビクターエンターテイメント ← (CD発売情報)


潮騒のメモリー(初回限定紙ジャケ仕様~アナログEP風レトロパッケージ)

潮騒のメモリー(初回限定紙ジャケ仕様~アナログEP風レトロパッケージ)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテイメント株式会社
  • 発売日: 2013/07/31
  • メディア: CD
※おぉ~、鉄拳さんのイラストジャケット!

nikkansports.com」によると、CDに先行して「20日から着うたを配信開始したところ」、
『潮騒のメモリー』が、17~23日のレコチョク『着うた』ウイークリーランキングで、初登場1位を記録した」のだそうで。もはや大ヒット中!?

歌詞、通しでは覚えていないんだけど、とくに笑える箇所を甥っ子(10歳)に歌ってあげたら、
腹を抱えてケタケタ笑い転げていました。「千円返して」だもんね(笑)。
歌う人、よく笑わずに情感込めて歌えたよなぁ……さすが!

数日前にネット上のどこかで、「年末の紅白歌合戦で歌われるかも!?」とか
「歌い手さんが昨年は『年末は静かに過ごしたいから』と紅白を辞退した人。だから出ないかも!?」
みたいな記事を読んだんだけど……(旅先につき出典失念)。
さて、どう展開するでしょうね? 年末まで楽しみ~♪


●ついでに、気がついたら「暦の上ではディセンバー」も、来月「ベイビーレイズ」名義で発売!

暦の上ではディセンバー 初回限定盤

暦の上ではディセンバー 初回限定盤

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2013/08/21
  • メディア: CD


さらにその1週間後には、クドカン選曲の80年代アイドル歌手ヒット曲CD
「春子の部屋」(笑)まで発売予定。

春子の部屋~あまちゃん 80's HITS~ソニーミュージック編

春子の部屋~あまちゃん 80's HITS~ソニーミュージック編

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ソニーミュージック
  • 発売日: 2013/08/28
  • メディア: CD

春子の部屋~あまちゃん 80's HITS~ビクター編

春子の部屋~あまちゃん 80's HITS~ビクター編

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2013/08/28
  • メディア: CD
※オジサン・オバサンには懐かしすぎる選曲~!

視聴者がドラマに楽しみと元気をもらっているのはもちろんのこと、音楽業界まで元気に(笑)。


●以下、なぜ「潮騒のメモリー」発売タイミングが、サントラ発売とズレたかについて考察(?)。
ドラマをこれから楽しみに見るという方は、読まないでくださいね。

以下、ネタをばらし気味。


事務的ご連絡(再) [※このブログについて]

●当ブログにコメントを書いてくださる際、認証コードを入力するのが手間、との事実を知り、
認証コード入力をしない設定に変えてみました。

しかし、迷惑コメント・商品宣伝コメントのカキコミばかりが増加し手間だし、
中身を読んでくださった方からのコメント数に変化はありませんでしたので、
やっぱり「コメント入力時に認証コードを入力」する設定に戻します。
書き込もうと思ってくださった方にはお手数をおかけしますが、
ご理解をよろしくお願いいたします。

なお、主観的に迷惑コメントと判断した場合は、無断で削除させていただきます。
あしからずご了承くださいませ。m(_ _)m



「暦の上ではディセンバー」(笑) [ ・クドカン世界&『あまちゃん』]

※「暦の上ではディセンバー」の、曲に関する情報はナシ。当記事は個人の感想だけです。

 ・関連記事「『潮騒のメモリー』、CD発売!」 ← 「暦の上では……」CD情報入手♪

●ご無沙汰になってしまいました。
ブログはお休みしていたけど、4月からずっと朝ドラ「あまちゃん」にハマリっぱなし!
「あまちゃん」は、視聴率も良いそうで。ワタクシのバンドのメンバーの半分がハマってて、
もう一人が話を聞いて「オンデマンドで全話見る!」と染まりました(笑)。

毎日どころか1日に2度、見ています。目まぐるしい展開、目が離せない!
気がつくと脳内BGMが、劇中歌「暦の上ではディセンバー」に(笑)。
なんてキャッチーなサビなんでしょう(^^)。
前奏(間奏?)の人工的な音色も、東京編初め頃のドラマBGMとして使われたときに
「都会の喧噪とアキちゃんの不安」のイメージと重なって、
次回、どうなるの!? と想像力をかき立てられました♪

「あまちゃん」は、既にサントラ盤が発売済み。後に書くように、
テーマ曲と、細かい場面で流れるインストのBGM曲が収録されています。

連続テレビ小説「あまちゃん」オリジナル・サウンドトラック

連続テレビ小説「あまちゃん」オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト: TVサントラ
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2013/06/19
  • メディア: CD
しかし、しか~し!
サントラ盤には、このドラマで今のところカギとなっている重要曲が入っていない!? 
つまり「潮騒のメモリー」「暦の上ではディセンバー」が!

「暦の上ではディセンバー」(どうもタイトル初出時から笑っちゃってしょうがない ^^; )
劇中では既に誰かが歌っていて、その曲に合わせて主人公のアキちゃんが踊りを練習。
今週(2013年7月9日火曜日時点)は特に、重要で頻出の曲なんだけどなぁ……。

サントラは出ないんでしょうかね?
ドラマでは「アメ横女学園」名義の作品だけど、実際は誰が歌っているんでしょうね?
 → 以下、「追記」にて解決。
何にせよ、ドラマ「あまちゃん」は、もう1枚「東京編サントラ」が出ないと完結しないよね!?
 → 「配信」だけで済ませる……のかしら!?

 ・関連記事「『潮騒のメモリー』、CD発売!」 ← 「暦の上では……」CD情報入手♪

NHKがドラマがらみで手広く商売をするっていうのも想像がつかないんだけど(笑)、
調子に乗って歌曲収録のサントラを作ったうえ、宮藤さんをプロデューサーにして(?)
「GMT(地元)47(6?)」を発足させちゃえばいいのに(笑)。
映画「スウィングガールズ」みたいに。
(同映画では、劇中のブラスバンドが実際に演奏ツアーもして話題に)

NHKは公共放送だからそこまではしないだろうけど、
「GMT」の架空のホームページ、できていました(笑)。
★が日本列島の形になっているのが、カワイイ♪

「GMT47」が地元の老若男女を元気づけ、なおかつ
全国規模で話題が共有できるのって、楽しそうじゃない?
あ、現時点では「ご当地ゆるキャラ」や「B級グルメ」が、既にそのポジションか。
でもでも、その延長でアイドルも生まれたら、面白そう~(^^)。


●NHK番組公式サイトに、「暦の上では……」情報がないかと見に行きましたらば。
同曲のインタビュー記事では、
今のところ同曲発売(?)に関する情報は一切なく。
でも代わりに脚本・宮藤さんと音楽・大友さんの「メイキングやりとり」が面白かった。
以下に抜粋やらリンクやら。

サントラ試聴&大友さんインタビュー感想・サントラライブ演目etc.