So-net無料ブログ作成

トート・タロットの参考書 [ ・タロット遊び]

●個人的なタロット熱にうかされている間に、ホントに風邪をひきまして(ゲフンゲフン)。もう、だるいの眠いの……。横になっていないとしんどい、でも眠れるわけでもなし、退屈 → タロットを眺めたら楽しいだろうなーと、ついにポチッといたしました(笑)。トート・タロットを。

観賞用だから、別に難しいとされる参考書は読まないでも……と思っていました。魔術には興味ないし、この歳(どの歳? ^^; )になってオカルトに首を突っ込むつもりもないしさー。てか、むしろオカルト嫌いだしさー(笑)。

でも、買うからには少しは使ってみたいじゃない? なので、どうしたら使えるかをいろいろ検索してみました。


トート・タロット初心者調べのメモ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

タロットカードに、購入タロットを尋ねてみるw [ ・タロット遊び]

●占いブースでタロットを引き、面白かったからってタロットカードのデッキ(78枚セット)が四つ欲しくなってしまっている(笑)今日この頃。流派がいろいろあって解釈も結構違うんだもの……どれを選んだら良いか、わからないじゃない? だから全部欲しい……って、相当血迷っております。

でも、仕事は納品日が延期になった=収入が入るのが予想外に先になっちゃった。一度に四つも買う余裕はないぞ……

   キラーーン Σ(゚∀゚)  

そうだ、タロットのことは、タロットに聞こう! タロットで、どれを買うか(どのタロットを始めるか)決めればいいじゃん! (笑)

 → タブレットに「無料タロットアプリ」をダウンロードし、それを使って「どれを買おうか」決めてみることにしました。「ウェイト版」も「トートタロット」も、両方惹かれてて収拾がつかなくなっていたので(笑)。

今回使ったアプリ →  (Androido版)

※無料アプリですが、「ウェイト版」「マルセイユ版」「トート」の3種類から選べ、大アルカナのみか小アルカナも使うか選べます。逆位置をとる版では「(逆位置)」と表示が出ますが、解説文は「正位置」の文章のままのようなので、自分の脳内で変換する必要あり。 一応「シャッフル」も自分でできるけど、(タブレットの性能のせいか)カードの動きのアニメーションが重ためで、ちょっともどかしいかな(^^;)。解説は、ネット上の他の「トート」解説と比べると……一般的な言葉にしすぎたがため、奥行きがないように感じました(何様!?w)。ピンと来ないというか……。例えば、詳しく覚えていないけど「タロット、どれ買うか」で引いているのに「恋愛は順調です」とか言われる(笑)ような、「よくありそうな日常的質問への回答」が一通り書かれているって感じ。 ※このアプリではないですが、ほかのタロットアプリで「個人情報が漏洩!?」だのというレビューを見かけました。真偽のほどはわからなかったのですが、ご利用の際は自己責任でお願いいたします。



以下、自分用のメモ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

タロットカード、基本の「き」(商品選び編w) [ ・タロット遊び]

前の記事の続き。

タロットカードにも流派(?)があるとわかりまして。ここまでの知識をアタマに詰め込んだうえで、「占いの道具として」というよりは、ただの「コレクショングッズとしての(?)」タロットカードが欲しかった(^^;)ワタクシは思った。

「ド初心者なのだから、最初は『ウェイト版』を選べば良さそうかなぁ……」と。

しかし……絵柄にときめかないのよねぇ(2回目)。せっかく買うのに、心ときめかないデッキ、っていうのもなんだか残念じゃないですか(^^;)。

なので、「ウェイト版準拠(?)である」「絵柄が明るい」「グロくない」「『死神』『塔』『ソードの3&8&9&10』『ペンタクルの5』あたりのカードが、さほど怖かったり痛々しかったりしない」「でも読み取りやすそう」を条件に、片っ端から画像を見ていきました(笑)。

候補に挙がったのは……

T0286 ライダータロットセット ポケット

T0286 ライダータロットセット ポケット

  • 出版社/メーカー: ニチユー
  • メディア: おもちゃ&ホビー
比較的安価だし、日本語の解説書も付いているし、ポケット版だから手が小さいワタシにも良さそう♪ 絵柄にときめかないけどw(3回目)。

その他、いろいろ検索しました~。

最初は絵柄だけで判断していましたが、どうやら各カードの雰囲気が似通っていると、他のカードとの判別がつきにくく不便らしい……とわかり(「烏屋本舗」さんのおかげ! 感謝!)。いろいろボツにしたあげく、「絵柄として」気に入ったものを以下に絞っていました。あくまでも「ウェイト系」で。


タロット・オブ・ルネッサンス

タロット・オブ・ルネッサンス

  • 出版社/メーカー: Lo Scarabeo/ITALY
  • メディア: おもちゃ&ホビー
なんとなく絵が好きかな? ただ「烏屋……」さんによると、本家「ライダー・ウェイト版」とは意味がずれたカードがいくつかあるとか? その辺が占いにもたらす影響は、ワタクシ占いをしたことがないので一向にわからないのですが……(^^;)。【追記】 でも確かに、上のAmazon画像(リンク切れしていたらゴメンナサイ)を見ただけでも、右側のペンタクルの道化師は「2」のはずなのに「3」になっていて、混乱しますね(^^;)。


ロ・スカラベオ・タロット

ロ・スカラベオ・タロット

  • 出版社/メーカー: Lo Scarabeo/ITALY
  • メディア: おもちゃ&ホビー
これは、カードをズラッと並べたサイト様の画像を拝見して、「なんか明るいじゃん? いいじゃん?」って思った。「烏屋……」さんを見ても、「死神」が怖くなくてその先の希望が感じられる配色だったし♪ 画像検索をしてズラッと並んだ景色を見ると、これが一番好みの絵柄が多い感じかなぁ……♪ もし占いをしてカードを出しても、大多数が嫌悪感を示さないような優しい雰囲気♪ (


もし真面目に占いをする気があるのなら、自分が読み取りやすい絵の方が良いよね……。


【30年売れ続けるロングセラー】モーガングリアタロット

【30年売れ続けるロングセラー】モーガングリアタロット

  • 出版社/メーカー: U.S.Games Systems,Inc/USA
  • メディア: おもちゃ&ホビー
絵柄に若干の圧迫感がある(笑)から、疲れているときには見たくない感じもするけど、絵のわかりやすさに惹かれます。占いに使うなら、これかも。



こちらも、色調自体は美しいし、痛々しい表現は避けているので候補にしたいところでした。なんせ本家「ライダー・ウェイト版」をお色直しした「ユニバーサル・ウェイト」の彩色を担当した方の絵だそうですから……優しい♪ ただ、ところどころデッサンがヘンなので候補から落としました(^^;)。個人的に昔から、漫画を読んでいてもデッサンの狂いが異様に気になってた方でして……(笑)。


……と、ここまでは真面目に見ていましたが、通販サイトの「ポップなタロットカード」みたいなカテゴリーで、「きゃー、欲しい!」が続出(笑)。


【魔法の森の不思議な案内人】タロット・オブ・マジカル・フォレスト

【魔法の森の不思議な案内人】タロット・オブ・マジカル・フォレスト

  • 出版社/メーカー: Lo Scarabeo/ITALY
  • メディア: おもちゃ&ホビー
カワイイです、動物たちが! 「棒・杯・剣・金貨」のそれぞれのキャラが、「カエル・ウサギ・ネコ・キツネ」ww 愛嬌のある表情! それでいて、カードの物語には比較的忠実なんじゃない? わかんないけど(^^;)。ずっと見ていたくなるような、童話の絵本を眺めているような楽しさがあります! いいな~♪


【絵本のような幻想的な世界】サン・アンド・ムーン・タロット

【絵本のような幻想的な世界】サン・アンド・ムーン・タロット

  • 出版社/メーカー: U.S. GAMES SYSTEMS, INC./U.S.A.
  • メディア: おもちゃ&ホビー
実は絵柄&お値段的に(笑)これが一番、惹かれました。でも「烏屋……」さんいわく、トート版寄りなんですって。それじゃわかりにくいかな……と、「トート」の文字を見ただけで、一旦却下。



●……と、昨日までの1週間は思っていたわけですよ。
昨日、トート・タロットの実物に再会するまでは!


カードサイズが「56×89mm」。トート・タロットの中では一番小さいサイズ……なのかな? です。


こちらはカードサイズが「70×110mm」。やや大きめ(スタンダードサイズ?)ですね。絵柄が細かく描き込まれているタロットなので、本格的に勉強するならこちらの方が良いかも。細かい象徴がいろいろ読めるだろうから。昨日、街の占い師さんに見せていただいたカード、ものすごく大きく感じられたんだけど、実はこれだったかも(^^;)。

ここで、昨日の衝撃的具体例、再び(笑)!
ドーン!

ワンドのクイーン.jpg
※画像は「みさきのゑHAPPYになるブログ」さんからお借りしました。

このカードの意味が表すように、ワタクシいまタロットに「情熱的」に「のめり込んで」おります(笑)。それを指していたのか……!(納得&大笑い&大当たりな気がするwww)


●さて。ここで迷いが生じます。

ことの原点に立ち返ると、ワタクシ別に占いが勉強したいわけではなかったの(´・ω・`)。ただ、街の占い師さんのタロットが大当たりでおもしろかったので、一つ手にしてみたいな……と思っただけなの。直観力も何もないのに(^^;)。

そう、一つだけ買って、ときどき愛でたい……それだけなんです(笑)。
ついでに占いがしたくなることがあるかもしれない。そしたら、わかりやすい「ウェイト版」の方が良いよね……。

ただ……。占いに本格的に手を染める気があるのなら、「(ワタクシ的には)1枚引いただけでも納得感がすごくある」トート・タロットの方が断然面白いよね……。

あとね、個人的な好みを言うと、現代美術の抽象画ってちっともわからないんだけど、ジョルジュ・ブラック作品だけはなぜか好き(笑)。で、トートの絵柄は、ちょいとそこに通じる「わからないけど好き」感があります、ワタシにとって。なんでだろう、基本的におどろおどろしいものは苦手なのに(^^;)。

もっともこのトート・タロット、ネット上でも「小学生くらいからタロットが好きで使っている」ようなセミプロレベルの方々ですら、「難しいのでなかなか……」みたいなことをおっしゃっている。トート・タロットは買ったが最後、「西洋占星術」から「カバラ数秘術」「各種神話」「錬金術(!?)」にまで精通しないといけないのかな……(面倒だな ^^; )。当たった感は大きい気がするデッキなんだけど、本気で向き合ったら挫折しそう……(^^;)。


と、ずらりと並ぶ楽しいリストを見て、逡巡。
あれ? そういえば上記で一度却下した「サン・アンド・ムーン」タロットが、「トート寄り」だって言ってたよね? だから一旦、却下したんだけど。ウェイト版に慣れた人だと、コートカードの覚え直しが必要だ、って。

でもワタクシ、よく考えたら現段階ではタロットの知識は「まっさら」。だから、「サン・アンド・ムーン」が「ウェイト版に準拠しているかどうか」は、どっちでもいいかな……? それに、よくわからないけど作者によるパンフ(多分英文)が付いているのなら、それを見ればいいかな? それに本家トートと同じく、カード自体にキーワードが書いてあるのも良いじゃない?(笑)

魔術には興味ないけど……スピリチュアル世界にもオカルトにも馴染みがないし馴染みたくもない、極めて現実的な凡人なんだけど……もし買うんだったら、意外にも「トート系」に落ち着くかも……!? 今日のところは「トート・タロット」と「サン・アンド・ムーン・タロット」で迷っています。

ただ、「マジカル・フォレスト」の世界も捨てがたいなー。ホントはね、ラテンアメリカの画家が描いたタロットの絵柄にも激しく惹かれています(^^;)。明るくて楽しいんだもん。


……宝くじが当たったら「トート」と「サン・アンド・ムーン」と「マジカル・フォレスト」と「ナポ」、全部買うんだけどなー!(≧▽≦)  ←宝くじなんて買わないので、絶対に当たらない人ww


……ということで、個人的な仮想コレクション、でした♪
まだ占い、したことないクセにぃ~(笑)。買うだけ買って、わからなくなって飽きてしまう近未来が見えます……(こういう直観だけは、よく当たります ^^; )。

ん~、そういう自分を変えてみるっていうことにして、とりあえずどれか買ってみてはどうだろう(白目)。



【15/11/23、追記】
ロ・スカラベオ・タロットの画像をヨソ様で眺め直していて気づいたのですが、これって「ウェイト版」の絵柄の中にちょいちょい「トート版」のモチーフが使われていますね!?

ロ・スカラベオ・タロット

ロ・スカラベオ・タロット

  • 出版社/メーカー: Lo Scarabeo/ITALY
  • メディア: おもちゃ&ホビー
「金貨の2」は、先日見た「トート版」の図柄と同じ。ウロボロス(自分のシッポを飲み込んだ、8の字型のヘビ)に丸い図形が二つ。ただ、色がずっと優しくて穏やか。鮮やかさは控えてあるみたいです。
「金貨の8」カードも、トートのタロットに似た、花びらに包まれた金貨のモチーフが使われています。「剣(ソード)の6」とか「金貨(ペンタクルorディスク)の4&6」なんかも、トートで見覚えのあるモチーフに人物をプラスしてあるかも。「烏屋……」さんでは「金貨の7」の描かれ方に違和感があるように書かれていたけど、トートタロットの解説サイト(前出リンクとは別サイト)を読むと「この絵でいいんじゃない?(占いしたことないからわかんないけど ^^; )」って感じ。いずれもウェイト版の「物語」に乗っ取った場面は描かれてはいますが、モチーフだけ見るとちょっぴりトートが混ざっている……ややトートモチーフを混ぜ込んだウェイト版、かも(笑)。

Σ(゚д゚;)))

惹かれるカードに、ちょいちょいトートの要素が入っている……これは……「トートタロットを買え」ってこと? シロウトなりに検証してみますかね(笑)。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

タロットカード、基本の「き」(基礎知識編) [ ・タロット遊び]

●一度書き終えた記事データを丸ごと吹っ飛ばし(笑)、話が前後するのですが、気を取り直して書き直しをば……。

ワタクシ、タロットカードについて知識はほぼ「ゼロ」。
知っていたのは「占いをするカードである」こと、「『』『戦車』『太陽』というカードがある」こと、1セットの枚数がやたらと多そうなこと、元同僚の一人が18年前(!)にそれを使って占ってくれたことがあること。以上!(笑)

ですが先週、街の占いブースにて鮮やかな占いをしてもらって以来、俄然興味が湧いてきまして。どれどれ、とインターネットで調べ物をいたしました。いつものパターン……。

以下、まったく知らなかった人による「タロットとはこういうモノらしい」という調べ学習内容と、自分が「買うとしたらこんな辺りかな……」と思っていたカードセット(デッキ、と呼ぶらしい)のリンク♪ あ、デッキのリンクは次の記事に分けました、長くなったんで(^^;)。


以下、ワタクシ同様タロットについてまったくご存知ない方向けの情報(^^;)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

追加鑑定、行ってきました( ´∀`) [ ・タロット遊び]

●昨夜、当ブログにてタロット「超初心者」がこの1週間に得た情報のまとめメモ記事を書いていました。リンクもたくさん貼って、推敲も何回もして、後は保存ボタンをポチッと押すだけ……ってところで悲劇発生! 「保存の前に」邪魔なプレビューウィンドーを閉じようとして、うっかりブラウザの閉じるボタンを押してしまった! → データ全部、消えた……。

。・゚・(ノД`)・゚・。

自動保存機能も自動回復機能もないから、力の入った記事が、一瞬にして目の前から消えました……。教訓:保存はこまめに行いましょう……(T_T)。でもだって、ここのブログ、保存にすごく時間がかかるんだもん。面倒だから、「誤字脱字とかを一度に直して最後に保存」が楽だったんだもん。でも、こういうことになるから……ね(´・ω・`)。


●グチになってしまいました(^^;)。
タロットカードについて得た知識をまとめるのは、また別の機会に譲るとして。

先週、街の占いブースで10~15分くらいの短時間(だけど超濃い)鑑定をしてもらいまして。次の「予約のお客さん」が来たため、端折り気味に終わった鑑定。占い師さんは別れ際におっしゃった。

「ごめんなさいね、駆け足になって。あなたの(算命学の命式を)詳しく見ておくから、次回は1,000円でいいから、またいらしてね♪」

社交辞令(っていうか、お商売上の決まり文句)かも? でも、そのときのタロットが、どーしても気になっていたのね。ワタクシ、この1週間ずっと、知りたかったの。ビックリするくらい現状を言い当てた、「タロットカード」なるものについて! 何のカードが出たから、そのリーディングになったのか。そしてキレイな柄に妙に惹かれたんだけど、どこ社の何カードだったのか(笑)。ネットで検索して出てくる、「超有名な一般的カード&並べ方」と違ったけど、アレなんだったのか……。

 → うん、お言葉に甘えて、それだけ聞きに行っちゃおう♪
(宿題で算命学の命式を見ておいてくださるってお話は、ワタシのことを覚えていらしたらでいいや。お商売をされる方の、魅力的な社交辞令の可能性もあるからね ^^; 。毎日アチコチで鑑定されているようだから、覚えていない可能性の方が高そうだよね……)。

そしてワタクシ、この1週間、基礎的な事項を検索してもヒットしなかった、この占い師さんのタロットの秘密を知ってしまうのです……!

 → 楽しかった~! (≧▽≦)


何が楽しいって?(笑)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

また対面鑑定に行ってきました(今度は複合鑑定) [★シロウト占い遊び(算命学)]

●ワタクシ、自分で思ったよりもずっと、「占い」が好きなようで(^^;)。

オカルトとか霊感とかスピリチュアルとか、そういうのはかなり信じていない。いや、「信じていない」って言っちゃうと半分ウソになるか(^^;)。あの~、苦しいときに良い部分だけ、都合良く取り入れるタイプ(笑)。例えば、「前世のカルマが……」とかって言われると、意味がわからなくて軽くひいちゃう。だけど、自分にとってしんどいことがあったら「きっと前世でやり残した課題なのよ、仕方ない」とか「今世ではできなくても、来世の自分の課題だわ」って先送りにするとか(笑)。そう言い聞かせたら気が楽になるんだもの、その方法を使わない手はない(逆に「何が何でも今、解決しないと!」って思ったら、根を詰めすぎて心身に不調をきたしやすいタイプなので ^^; )。不信心極まりないけど、占いってそのくらいのお付き合いが、ワタシにとっては楽~(笑)。

対面占いに行くと「思わぬ言葉」をもらえることがある。それを心の中で「金言」と呼んでおります(笑)。多分、自分の気持ちを言葉で捉えるのが苦手なんだろうな……。で、自分にとって「アンテナに引っ掛かる、気になる(=プラスの)言葉だけいただいて帰ればいいんだと思う。 ←読書で言葉を得ようとしない辺りが、ちょっと安直(^^;)。

「まとまらない気持ちにフィットする言葉」がいただけることを期待して、病院の待ち時間の間に、近くの占いブースにフラリと寄ってみました。なんで「病院」かって? 仕事頑張っていたら胃炎になっちゃったの(^^;)。仕事をするたびに体調を崩す……って、もしかしたら、この仕事向いていないのかもなー(笑)なんて思い、占い師さんに適職を尋ねるという……w

一昨年夏(え、もう2年以上前になる!?)の算命学・対面鑑定以来、久々にそーゆー所を訪れ、新たなる占い師さんと出会いました♪


●今回の占い師さん(初めまして)は、短時間でたくさんのワザを繰り出してくださった! ワタシが算命学は少しだけ知っていますって言ったら、算命学を某学館で学んだとおっしゃり、「算命学って(四柱某と違って)吉凶いわずに『持っているものを生かしましょう♪』ってところがいいですよね!」なんて話になり、盛り上がる(笑)。そのうえ、とっても濃い鑑定をしてくださいました。その結果……。


どなたにもニーズがない、ワタクシ個人の話で相済みませんが(笑)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽