So-net無料ブログ作成
検索選択

安価ヘッドホン、二つ比較 [ ・お買い物の下調べ]

●眠るときの心の友・ヘッドホンが壊れて不便していたので、購入しました( ´∀`)。

JVC HP-X73 密閉型ヘッドホン

JVC HP-X73 密閉型ヘッドホン

  • 出版社/メーカー: JVCケンウッド
  • メディア: エレクトロニクス

……いやぁ、ここまで音が違うとは思わなかった!

このたび購入の上記、低音が小さいです(;_;)。よりによって、ワタクシが一番愛してやまないベース音が……ボンヤリ遠くにいっちゃった感じ。聞こえてはいますよ? 聞こえているんだけど……これまでのヘッドホン(後述)に比べると弱い。

逆に、ボーカルがびっくりするくらい近くで聞こえます! ツバが飛んできそうなくらい、ハッキリと生々しく(笑)。それと、川西シンバルが、これでもかと大音量で鳴っています(^^;)。ボーカル&高音域に力が入っているヘッドホン……なのかなぁ?

不安なのは、3.5mのコードが「ちゃち」な感じがすること。あと、どうでもよいですがデッキにつなぐジャック部分が、これまでの物と比べて異様に小さいです。これは携帯用機器に接続して持ち運ぶときのことを考えてかも? 小さいけど、何ていうの、変換用の大きいジャックも一応ちゃんと付いていました。

1,000円台の安物買いですから、贅沢は言いません。けども。

これを毎日のように使っていたら、やたらシンバルの音に詳しくなりそうです(^^;)。




ご参考までに、これまでのヘッドホンとの比較


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「マイホーム」チラ聴き [ ・ユニコーン関連]

●もう寝るので、一言だけ。

映画「お父さんと伊藤さん」の主題歌がユニコーン、以下のサイトでチラッと聴けました!

http://www.sonymusic.co.jp/artist/Unicorn/info/470609

作詞・作曲=民生さん。メジャーキーみたいだけど、重ための曲調に地を這うような低いオクターブユニゾンコーラス! ←「ザギンデビュー」よろしく、民生さんの声……ですかねぇ? なかなかの怪作の予感!


●上記ソニーミュージックのページでは、ユニコーンインタビューもあり!







インタビュー内容をメモ♪


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「いつつでひとつ」(ホロリ) [ ・ユニコーン関連]

●ボンヤリと自己満足的夏休みを過ごしていたら、五日前の「ABEDON50祭」Music Clipを見逃していました(^^;)。

 → ・50/50』、『RAMBO N°5

遅まきながら、その感想を。

未見の方は、映像をご覧になってから以下をお読みくださいまし(^^)。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ヘッドホン、壊れた…… [ ・ユニコーン関連]

●夏休みの自由研究に「ベース演奏の動画撮り」をして、あまりのリズムオンチー具合にちょっぴり落ち込んでいます、こんにちは(^^;)。


●さて本題。

標題のとおりです。就寝前のひとときに使っていたヘッドホンが壊れました。音にこだわるニンゲンではない(正直、違いがわからない ^^; )ので、昔「音がよい気がしたテレビ」を作っていたメーカーの、とにかく安くて枕元までコードが届くものを愛用していたんだけど……断線したようで。

(どこがユニコーンの話題だ! って? 間違いなくユニコーンの話にたどりつきます。前置きが長くてスミマセン ^^; )

断線とはいっても、まったくブチ切れたのではないらしく。

このところ『イーガジャケジョロ』をヘビーローテーションしていたのだけど、最初に左チャンネルの音がしなくなって。すると、どうでしょう! 

 → まず民生ギター(と左に入っているコーラス)が、聞こえなくなりました。「俺のタクシー」で言うと「渋谷」か何かが消えました(笑)。んで、「電大+ABEDONキーボードのユニコーン」が聞こえます! おもろい(笑)。

あらためて電大って、息ピッタリだなぁ! 全体的に、軽やか。電大とABEDONのノリを比べると、ABEDONって実は「後ノリ」っぽい方なのかなぁ、いやでも川西さんも実は、テッシー&EBIノリよりは「後ノリ」? いずれにせよとにかく、電大3人の息の合いっぷりは尋常じゃないな……などなど。
こうして聴くと、ユニコーンのヘビーさって、実は川西ドラムだけではなく民ギターがものすごく大きな役割を担っているんだな、とも感じます。音色とノリが、とにかく重め。で、電大チームとシーソーしてバランスを取っているような。

断線ヘッドホン、コードやアタマを少し動かしたりすると、「まったく聞こえなくなる」または「聞こえるパートが変わる」などします(^^;)。1回だけ、「鳥の特急便」の、ドラムの一部とコーラスの一部と民生ギター? だけしか聞こえなくなりまして(笑)。

カラオケみたいで面白いのでその状態のままで聴き、サビのコーラスで驚きの事実が判明。

ライブでABEDONがハモっている箇所、CDでは民&ABE二人でハモリパートを歌っていました! 「ABEDONコーラス」ではなく、「民ABEダブルコーラス」だった! しかもライナーノーツにはEBIさんがコーラスって書いてあるんだけど、Bメロ部分も「民&ABEDON」の声のような気がしてきて……??? (事実不明)

普通にCD聴いたんじゃ、気づきませんでした。壊れたヘッドホンによって聞こえる音が減りに減って、ボーカルもベースもキーボードもほとんど聞こえない状態になった結果、「あれっ!?」と。

この「民+ABE」コーラス、声が見事に馴染んでいます。そういえば、昔は「民生と阿部B、声が似てる?」とか思っていたものでした。今や歴然とした違いが出ていますが。声質の、相性がいいんでしょうね。音程もバッチリだから、まるで一人の人が歌っているみたい。二人の声を合わせることで、当然一人のときより声に厚みが増しています。キレイ。

でも歌い終わりの、最後の最後の最後(笑)の方で、一瞬だけ声の成分が二手に割れたんですよ、太い「民生声質」ときらびやかな「ABEDON声質」に。

……いや~、こういうのが……こういう音こそが、たまりません!(笑) 

なんて言うんでしょう、「生身のニンゲン」っぽさ? 器械で合成やツギハギをしたんとちゃうでー、的な。……大好物です(笑)。逆にいうと、一人の人が1回録ったボーカルとまったく同じものを器械でもう1回重ねる「ダブルボーカル」、あれ嫌いです……有名どころがよくやっている手法ですけど(^^;)。ってユニコーンでもそういう曲ある気がするけどね(笑)。整いすぎているより、微妙に……いや、ビートルズくらい派手にズレがある方が、好きかも( ´∀`)。

そうか、この曲のサビコーラスは民生さんとABEDONの二人がブースに入って、同じコーラスパートを斉唱したのか……。いや、もしくは「あなたが太陽」レコーディング映像みたいに、一人ひとりがブースに入って、お互いに似せながら歌ったかもね?

見たかったな、その映像……(『イーガ……』のレコーディング映像が表に出なかったことを、いつまで言っているんでしょうか ^^; )。だって珍しいじゃない?……


●ヘッドホンは、アルバム『ゅ13-14』発売前に、なんとか入手しなくては。

Pioneer 密閉型ヘッドホン オーディオ用 SE-M521

Pioneer 密閉型ヘッドホン オーディオ用 SE-M521

  • 出版社/メーカー: パイオニア
  • メディア: エレクトロニクス
※このヘッドホンは、正直オススメ「しない」です。シロウト耳にも音がこもって聞こえます。音の輪郭がぼける? 各楽器の音を聞き分けたいなどのときには不向きかも。音楽でなくてニュースや映画だったら、別に問題はないけど……。

凝りはないし、どうせ就寝時に(寝ぼけて外すなど乱暴に)使ってすぐダメになるものだから、この辺りの1,000円台の物で十分です(^^)。

JVC HP-X73 密閉型ヘッドホン

JVC HP-X73 密閉型ヘッドホン

  • 出版社/メーカー: JVCケンウッド
  • メディア: エレクトロニクス
※ご参考までに、耳の遠くなった高齢者も、テレビ視聴時に使ってみて、上のより下のヘッドホンの方がドラマの台詞がよく聞こえる、と申しております。高音や音声に強い……のかも?


ただ。
「壊れ気味のヘッドホン」も(普通に使おうとするとコードの位置によっては音が全く聞こえなくなるのが困るけど)、ときにこうしてアルバムメイキングを想像させる音が聞こえることがあるから、捨てがたいなぁ(笑)。

しばらく「電大+ABEDON」サウンド/ときどき「川西+民+コーラス」サウンド……を楽しむことにしましょう♪ (≧▽≦)






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「鳥の特急便」完成……というか限界(^^;) [ ・耳コピ挑戦]

●一部地域では梅雨が明けたとか? ひと足早く夏休みをいただいているワタクシ、珍しくライブハウスに行ってみたり、宅録(?)で遊んだりしています。

今回は、ユニコーン「鳥の特急便」、完結編(笑)。

「あの重たさを表現する」どころか、正確に音譜を弾くのすら、できず。音が取れても、思ったようには演奏できない歯がゆさをヒシヒシと感じました(^^;)。現段階での「ベスト(=限界、もうこれ以上は上手に弾けない)」を、こっそりアップしました(≧▽≦)。何度弾いても納得いく出来にはならねぇです(^^;)。 → 

言い訳すると、普段は月に1回、ベースを弾くか弾かないかの生活です。それも、ピックではなく指で弾いています。一度、指弾きで動画を撮って見たら、音ムラが激しい……! 慌ててピックで弾いてみました……ということで、ただでさえ下手なのに慣れないピック弾きで、更にたどたどしさ満載で(笑)。

下手なのに、なぜ動画をアップする? ……自己満足、の一言につきます(笑)。

けど、ピアノのお稽古に通っていたら、年に一度は発表会があるでしょう? 発表会となったら、気を引き締めて最大限の努力をしますよね。それみたいなものかと(^^;)。発表会があったからって上達した……みたいな記憶は、まったくないんですが。練習は普段より多めにするようになります。そこで、勝手にYouTubeを自分なりの発表会の場に決めました(笑)。 ←ハタ迷惑(^^;)。


以下、個人的な演奏メモ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

占い講座に行きはぐった……の巻(;_;) [★シロウト占い遊び(算命学)]

自分の持っている星、大特集! という占い講座に、行こうかどうしようか迷っていた件。結局、行けませんでした。前日に申し込もうとしたら、もう満席で締め切られていた(^^;)。

縁がなかったんだなぁ……残念だなぁ……と思っていたら、占いに関する夢まで見ちゃった(笑)。けど、申し込まなくて正解だったかも。

一昨日、昨日のバタバタで、今日はエンジンが全然かかりませぬ。アタマがボーッとしたり、クラクラしたり(^^;)。さっき、家庭用血圧計で測ったら、上が78……。おーい。生きてるかぁ~。家庭用の血圧計は「3回測って真ん中の値を採るべし」みたいな話を聞いたことがある。それにしても、普段は1回目でも93~103くらいにはなりますので……。明らかに「お家で休んでいなさい」レベルだぁ……。

テルモ 電子血圧計TERUMO アームイン血圧計 ES-P2000BK

テルモ 電子血圧計TERUMO アームイン血圧計 ES-P2000BK

  • 出版社/メーカー: テルモ
  • メディア:
※我が家では2010年に購入。新しいモデル、出ているかな?

血圧が高い日だったら、先方のご迷惑も顧みず「立ち見でいいから、飛び入りさせてください!」とか言ったかも?(笑) 


自分の三つも持っている星が、専門用語で言うと「中殺」されていたり「陰転」していたりで(^^;)、本来の在り方がわからない……その「本来」の見本が集まった(?)「友の会」で、自分の星の特徴を体感&実感してみたかったなぁ……。

今さら言っても仕方がない。今週前半は出たり入ったりが多かった。疲れることはわかっていた。今回はご縁がなかったのだ……と思うのですけど。「逃した魚は大きい」と、人は思いがちなのでございます(^^;)。

リンク先の事後レポートを楽しみにさせていただくことといたしましょう♪




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

そのベース、弾き覚えあり!? [ ・耳コピ挑戦]

●ユニコーンはもうすぐ『ゅ13-14』が発売になると申しますのに、ワタクシ今ごろになって「鳥の特急便」熱、発症(笑)。

アルバム『イーガジャケジョロ』を聞きながらベースギターの音取りをしようとして……断念! いろんな音が入りすぎていて、細かい動きがよく聞き取れない(>_<)。そしてこの曲、細かい動きが実に多い!

アルバムからではなく、ライブ映像から音を拾おうと思い立ちました♪ (以下、延々と「チラシの裏」話 ^^; )




む、難しい……!


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

つかの間の休暇♪ [ ・ユニコーン関連]

●長々と抱えていた仕事を、やっと手放し(まだ続きはあるけど)、解放感♪

慌てて、さぼっていたバンドの練習(音取り)に励む(^^;)。これまでのあらすじ……ワタシは20代のころ、ビートルズの好きな曲の好きなパートばかりを「これでもか!」とコピーしまくってきました(弾けるとは言っていない ^^; )。2010年に組んだバンドが、ワタシ以外は「ロックバンド初めて」の方々ばかりだったので、ワタシは初心者向けの「これまでコピーしてきた曲」の貯金だけで(つまり練習もさほどせずに)やり過ごすことができていました。ところが最近、他のメンバーが練習頑張っちゃって、なんだか珍しくて難しい曲ばかり選ぶようになってきたので、ワタクシ貯金がすっからかんになって焦って練習しているのですよ(^^;)。

とかなんとか言っちゃって、実は心はビートルズではなく「鳥の特急便」の方を向いておりましてなぁ……。発売から2年4か月(?)経つ今ごろになって、「コピーしてみたい」衝動にかられています(笑)。

……って、ちょっとやってみて「コピー」はまったくムリだってわかった(^^;)。けど、なんていうの? 初心者でもできるレベルに音数を減らして、カバー? してみたいなぁって……(≧▽≦)。音数を減らした時点で、あの迫力は再現できなくなるんですがそれは……(略)。

ここにこうして書いている時点で、実はメモリが超小さいキーボードに骨格だけ録音済みだったりします(笑)。もしワタクシが昔、出来心で「マルチトラックなんちゃら」みたいなのを購入していたら、下手なカラオケ作りに没頭していたに違いない(^^;)。キーボードのトラックが少なすぎて、凝ったことができない環境に感謝(笑)。もちろん、デスクトップミュージックのソフトを入手して何かをしよう、なんて気は、さらさらありませぬ。だって、器械っぽいもの苦手だもん。「同期」とか、全然わからないもん。取り扱い説明文すら何を言っているか、全然理解できないもん(白目)。

そんな機会に恵まれなかった=今以上に時間の無駄遣いをせずに済んでいること(笑)に、感謝しておこう♪


●『ロッキンオンジャパン』、サラッと拝見。

ロッキング・オン・ジャパン 2016年 08 月号 [雑誌]

ロッキング・オン・ジャパン 2016年 08 月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ロッキングオン
  • 発売日: 2016/06/30
  • メディア: 雑誌
曲名からの作者当て、予想と全然違ってた(>_<)。しかも覚えきれなかった!(笑)

「ジャケジョロ路線」を、インタビュアーが心配そうにしていた印象だけが残るwww 『イーガジャケジョロ』までは聴き手がツッコミを入れる余地があった……? 計算してボケを入れていた? けど、『ゅ13-14』は自然体でボケた? なんかそんなような話だったような、違ったような(うろ覚え)。『イーガジャケジョロ』のことを、インタビュアーが「聴き手がついていっているかどうか……」みたいなことをおっしゃっていたけど、一般的にそんな反応? なんならワタクシ、一番食いついてるアルバムなんすけど……(笑)。

じっくり拝見してはいないのでうろ覚えながら、ユニコーンにしかできないことを「今回も、やらかした」……ということだけは、伝わりました!
(`・ω・´)ゝキリッ


ゅ 13-14(初回生産限定盤)(DVD付)

ゅ 13-14(初回生産限定盤)(DVD付)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: KRE
  • 発売日: 2016/08/10
  • メディア: CD





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

占いとのスタンスに悩む(ひとりごと) [★シロウト占い遊び(算命学)]

●ワタクシただいま、占い「算命学」のとある講座に激しく呼ばれている(笑)ような気が、勝手にしております。なぜなら、その講座は「自分が三つも持っているのに、いや持っているがゆえ、特徴がちっともわからない星」の特集だから。ユニコーンで言うと、テッシーの中心で輝いている星です(笑)。

「知りたい」。なぜなら、その星は「知りたがりの星」らしいから(笑)。

ただ、講座の実施される日時周辺はバタバタしていて、体力的にもたないかも……。申し込みに躊躇。体力に余裕があってまだ空き席があったら、直前に申し込んでみようかな?(^^)


●実は躊躇の理由が、もう一つある。

以前その講座にうかがったとき、その講座がセミプロの皆さまによる「意見交換セッション」だったの。ワタシごときシロウトが「じっと座って話を聞いている」だけではもったいない会、というか。事実、リンク先のブログを拝見していると、その講座の参加者でプロになった方が何人もいらっしゃるような……??? ただ冷やかしで遊んでいるだけのワタクシには、講座のレベルがちょっと高すぎるかなぁ……と痛感していまして(^^;)。

なんだろう……ワタクシの場合、「ただ知りたい」ってだけで、「学ぶ目的」ってものがまったくないのよね(≧▽≦)。


あと前回、思った。

セミプロ級に勉強されている皆さんには、「この星はこういう特徴を持っている(はず)」という、きちんとした基準(ものさし)をお持ちでいらした。だから、そうした前提が身についていないと白熱した議論に取り残されて、またも「ポカーンと黙って聞いているだけ」で終わるかなぁと(^^;)。「ついて行かれず、黙って聞いている」行動を、「いかにもその星の特徴らしい!」と受け取られても申し訳ないし(笑)。

あと、チラッと思ったこと。リンク先によると、ワタシの持っている星の特徴は、「自由な発想と、型にはまらない革新的な気質」(天海玉紀 <白> 悦楽♪メタモルフォーゼより引用)なんですって。だとしたら……もしかしたら「教科書通りの『ものさし』」を身につけるのが苦手」……もっと言うと「ものさしが持てない星!?」なのかもしれませんね!? そんな気がする今日この頃(^^;)。一人で浮遊するのが得意(?)な星でもあるらしいので、セッションスタイルに躊躇がある可能性もありますな(^^;)。

「知りたい……この星のことが知りたい……」というモゾモゾした好奇心と、「ムダに終わりそう……」な冷静な気持ちが、ただいま葛藤中(笑)。「セッション」よりは「個別の鑑定」で、興味のある点を掘り下げてうかがった方が、自分にとって向いているような気もする……(迷)。


-------------------------------------
上記講座とはまったく関係ないのだけど。

昨日、久々に書店をうろうろしていたら、こんな本を見つけました。

基礎からわかる算命学の完全独習

基礎からわかる算命学の完全独習

  • 作者: 有山 茜
  • 出版社/メーカー: 日本文芸社
  • 発売日: 2016/06/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
パラッと眺めただけでは著者がどんな姿勢の方かわからなかったし、「○○天中殺の人は、20○○年に注意」みたいなマイナス記述は個人的に「むしろ読みたくない」部類(^^;)だったので、購入はしませんでした。それと、自分が馴染んでいる星の名前と字が違っているのも気になったし(笑)。

ですが。「守護神のとりかた」の基本中の基本を、ごくざっくりと整理して書いてあった箇所は、もう一度ゆっくり読んでみたいかも。そのあたり、守護神一覧表だけなら、ネットの情報を丹念に拾い集めれば入手できないことはないです。ただ、恐ろしく面倒(^^;)。同書、おおよその守護神一覧表を掲載。かつ「守護神の取り方には二通りある」、「全体のバランスからの守護神をとるときは、蔵干は使わない」(?)、「一覧表さえあればすべての命式の守護神が出せる……というわけではない」という三つのシンプルな定義がハッキリしたのが、シロウトにはありがたいかも(笑)。


……講座に参加してみるのか、それとも本を買ってみるのか、それとも何もせずにこれまで入手した「知識」だけでヨシとするのか……ワタクシよ、ハッキリせい! ←体力とお金に余裕があったら、迷わず全部しますよ(笑)。ああ、そこが躊躇の大きな理由だな(^^;)。







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

4人目の「律音」さん(^^;) [★シロウト占い遊び(算命学)]

●「ん? ブログタイトルに見覚えがある」と思った方……いつも遊びに来てくださってありがとうございます(^^;)。
※「ワタシにとって何人目」の数え方が間違っていたので、以前の記事と同じタイトルになってしまいました。が、内容は以前の記事と別物です。これまで、自分まで人数に含めていました(^^;)。

「算命学」という占いでは、生「年・月・日」それぞれに「甲子」「丙午」等々の「十干十二支」が付いています。それの並びを「陰占の命式」などと呼びます。この陰占(多分、特に生まれた日の辺り)に同じ「十干十二支」を持つ人のことを「律音の関係」などというようです。

ワタクシの周りにいる「ワタシと律音」の人について、脈絡もなく考えてみるシリーズの、続編(笑)。ワタシにとって4人目の「律音」の人を発見したので!
※1人目は「ワタシと双子」の妹。2人目は現在仕事で関わっている後輩。3人目は2人目と同じ町で働いていた昔の同級生。ワタシの生まれた日の「六十干支」と同じ日干支を持っている人が、現在4人いるわけです。

その発見の経緯がちょっとヘンで、どう捉えたものかわからないケースなのですが……ご参考までに記事に加えておきます(笑)。


●ワタクシ趣味でバンドをしていまして。そのメンバーの娘さんとワタシの甥っ子が同学年なものだから、「娘さん、どう? そろそろ反抗期きてない~?」って、話になったときに。その娘さんの母親が言いました。

「ん~、なんかねえ、nonkiちゃん(当記事を書いている人)にそっくり……(笑)」

ナニ!? ワタシはそんな子を産んだ覚えはないぞ!? www

なによー、何が似てるのよー?(笑) と尋ねたら、顔も性格も雰囲気も、だってさ。普通だったら、「何それ(笑)」で終わる話。なんだけど。

その娘ちゃんの算命学の「命式」、一度出したことがあったのね。けど、そのとき入力し間違えていたらしく。正しい生年月日を入れたところ……

 → ワタシと同じ六十干支の持ち主=「律音」だったの! (((((;゚Д゚)))))


●今回驚いたのは、この「似ている話」が誰発信だったか、ということ。

こちらが娘ちゃんの母親に、「ワタシと娘ちゃん、同じ星なんだよ~」って伝えてからの「そういえば似てる~」発言だったら、驚きません。人は物事の「共通点」や「当たっている箇所」をことさら拡大して見るそうだから(人間ってヤツは、いわゆる「こじつけ」が好きらしいです ^^ )

けどね、こちらが「やり直したらワタシと同じだった」って言う前に! 向こうから言ってきたんですよ、「似てる~」って……!

念のため。「律音」関係の人と顔が似る、という情報は、今のところシロウトのワタシは入手していません(笑)。多分、そんなデータはどこにもないことでしょう(だって双子の当事者であるワタシたちでさえ、全然似ていないのですから ^^; )

「律音」とは「同じものが二つ」並ぶことである……とかはよく聞くし、もし占いに書かれたとおりの性格になっているのなら、性格や雰囲気が似ていても道理は通る(?)けど……???

ともあれ、バンドメンバーを通して、この娘ちゃんとワタシには何かご縁があるのですね(笑)。似ているのなら、と一応アドバイスしておきました。「大舞台で実力を発揮するらしいから、小さい枠に押し込めないであげてね(^^)」と。本当かどうかは知りません(笑)。もし本当じゃなかったとしても、子どもは「元来、自分の伸びる方向を知っている」ものなので、どんな子どもであれ枠に押し込めるのは反対派。なので、間違ったアドバイスはしていないはず(ドヤ顔)。


だからなんなの? というお話で、お目汚し失礼いたしました(^^;)。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽