So-net無料ブログ作成
検索選択

「たまごご飯」祭り、ほか(個人的つぶやき) [ ・ユニコーン関連]

●ユニコーンファンとしては、底の浅いワタクシ。

明日の有料チャンネルでの「ABEDON50祭」放送は、加入できず見られないのですよ……orz
-------------------------------------
<TV>
放送日時:9月30日(金)21:00~22:55
放送局:フジテレビ NEXT ライブ・プレミアム/フジテレビ NEXTsmart
番組名:ユニコーン ABEDON50祭「サクランボー/祝いのアベドン」
出演:ユニコーン / ABEDON and THE RINGSIDE / ABEX GO GO / 氣志團
番組詳細:http://otn.fujitv.co.jp/abedon50/
-------------------------------------
以上、公式サイト・インフォメーションより引用。

しかたなーい、しかたなーい♪ ……orz

ご覧になった方のレポートを待つのみ!


●同じく、公式サイトのインフォメーションより。

宮ちゃん教えて! 3.0」に、回答が!

スタッフの銀ちゃんさん(お久しぶり感!)の質問に、( ̄ー ̄)ニヤニヤしました(笑)。ユニコーンのサウンドについて聞いてみたいこと……山ほどあるような気がするんだけど……専門的なことに関してはさっぱりわからないので、聞きようもなく(^^;)。一点気になっていたのが、「すばらしい日々」の間奏で聞こえる音のこと。あまりに些末なのでうかがうのも気が引けますが(笑)、質問してみようかな♪
【16/10/08】 ご回答いただきました! →  ありがとうございます、ありがとうございます! ABEDONが意図してぶつけた不協和音でしたか……。1小節だけコード「E」が「E6」になるのね!? 自分の耳の甘さを思い知らされました……orz ユニコーン作品、複雑~(^^;)。


あとは個人的な驚き(^^;)


「かきまZ」www [ ・ユニ:TV・ラジオ感想]

●2016年9月25日(日)、テレビ朝日系列「関ジャム~完全燃SHOW」に、ユニコーンがゲスト出演! 内容は、

・氣志團・綾小路翔が語る、ユニコーンヒストリー(目の前でご本人たちの注釈付き)
・ユニコーンたちによる、「55分で即興曲作り」!
・関ジャニ一部メンバーとの「WAO!」セッション♪
・ユニコーンによる「エコー」演奏(部分) ←長いから端折りver.

詳しくは → 「http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/42356/2」に譲るとして……。

番組のあまりの素敵さに、ひとこと御礼が言いたい。

テレビ朝日さん、ありがとう~! +.゚(´▽`人)゚+.゚

2009年ユニコーン復活時の「蘇えるユニコーン」もそうだったけど、ユニコーンへの深い愛情が感じられる番組でした! 相当お好きな方が企画から担当されているね?( ̄ー ̄) 丁寧&特別感のある番組! 


では、これから録画を見るという方は、以下でネタがバレますので、ここを離れてくださいませ(^^;)。


ゅ 13-14(初回生産限定盤)(DVD付)

ゅ 13-14(初回生産限定盤)(DVD付)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: KRE
  • 発売日: 2016/08/10
  • メディア: CD
※新作レコーディング風景が満載の『MOVIE31』付属♪ 番組を見てからこちらのDVDを見ると、曲作りの「成り行き」に、より納得がいく……ような? 「ああ、きっとああいう流れ……」って(笑)。



楽しかった~!


ラテン系「リカルド・サントス」の話 [★音楽]

先日のユニコーンの民生さんABEDONさんのラジオ番組とやらで、幼少期に聴いたレコードの話があった。それを聞き、ふっと自分が幼少期に聴いていた妙なレコードを思い出した。このたび素性がやっと明らかになったので、それについて。

ホリデイ・イン・ジャパン・デラックス

ホリデイ・イン・ジャパン・デラックス

  • アーティスト: リカルド・サントス
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル インターナショナル
  • 発売日: 2001/07/25
  • メディア: CD
※うわー、ジャケット違うけど、これだこれ! 一部記憶にないけど、聞き覚えのある曲たちが~(嬉々)! パソコンならリンク先から試聴可能。

日本の抒情歌を、西洋のオーケストラが「これでもか!」とラテン風や中国風にアレンジしまくった、奇天烈でノリノリの1枚。中国風って、日本人が「中国っていうとあの響き」って勝手に思っている、5度(?)離れた旋律が並行してハモる(?)感じ。当時の西洋人には中国と日本の区別はついていなかったのだろうし、今の日本人も中国に対して当時のイメージを書き換えられずにいる気がします、あ、音楽的にね(^^;)。

「さくらさくら」みたいな元が静かな曲でも、パーカッションが跳ねています! ブラスが、吠えまくっています! 「七つの子」のギロ(溝の彫ってあるパーカッション)の音の長さと勢いに笑います! 「フィシャーーーッ!」って。これは民生さんにぜひ聴いてもらわないと(笑)。

ええーと、曲によるんですが、とにかく笑えます。

子どもの時に聴いたキリだったんだけど、曲によっては今でもアレンジが最初から最後までアタマにこびりついているものも。強烈で鮮烈で、楽しいアレンジが多いです。「音的に多少ふざけたラテン系」がお嫌いではない方は、ぜひ聴いてみてください! 

とにかく、上記リンクの「お江戸日本橋」と「さくらさくら」だけでも試聴してみて、その「けったい」さにのけぞってみてください♪


●実は我が家にはこのレコード、度重なる転勤やらで、もうなくて(残念)。

どこの誰による、なんて名前のレコードだったか、まったく情報がなくて……ホントに長年、脳内再生のみで音は聴けず。それがこのたび見つかったので、小躍りしている次第(^^;)。

やっと盤名がわかり、音も(試聴レベルだけど)聴け、聴いたらうっすら思い出せる曲もあったんで、可能な限り曲解説をしてみようかと(音源を持っていないので、うろ覚えですが ^^; )


現在、把握している情報(^^;)。


ユニコーン、今どこでライブ? [ ・ユニコーン関連]

●最近、仕事をしながらよく、こう思う。

( ´-` ).。oO(ユニコーンの皆さん、今ごろ、どこをツアー中かな……)

各種サイトを都度、見て回ればよいのですが、それが個人的に面倒くさく(^^;)。ユニコーンメンバーの皆さんの動きを1か所で見られるように、カレンダーにしちゃった(てへ)。

・2016年9月16日現在。
間違っていたり追加情報が出たりしても、当ページ訂正はしません(だって、図を作ってアップし直す時間がないだもん ^^; )。必ず公式サイトにて正しい情報をご確認くださいませ。
・ご出演番組までは、手が回りませんでした……orz


<各種公式サイト>
「第三パラダイス」特設サイト
奥田民生・公式サイト
電大・公式サイト ……アッ、「12月13日(高知)」情報が追加されてた!orz
手島いさむ・公式サイト
EBI・Facebook ……ここは終わったライブ情報が多い……かな?(^^;)
※川西さん個人のご活動はチェックできておらぬのでござるよ……orz

以下に、カレンダー画像(2016年9~12月)


J-WAVEの公式チャンネル♪ [ ・ユニコーン関連]

●仕事で目を回しているにもかかわらず、ちょっとYouTubeに寄り道してしまった(^^;)。

 ★VOLVO DESIGN YOUR LIFE 20160827OA【ゲスト:ユニコーン】

タイトルから察するに、恐らく2016年8月27日のラジオ放送。民生さんとABEDONのお二人がインタビューされとります。なので、音声中心。映像は、楽しそうな表情の、収録風景の静止画が楽しめます。民生氏、相変わらずマツ毛長し! ABEDON氏、マジメ風だし!

5分36秒しかありません(笑)。でも、ふだん切り取られないようなお話がギューッと凝縮されていて、おもしろく拝聴しました。仕事中の気分転換に、もってこい……(^^;)。

最後、「ごちそうさまでした♪」ってお行儀よいのは、写真に写っているコーヒーに対してかしら?(笑)

ちょっとだけ、感想。


幼少期の音楽環境……


「第三パラダイス」市川公演ネタバラシ(セトリのみ) [ ・ユニコーン関連]

●こっそりと、ツアー二日目・市川公演のセットリストをアップするからね。
ネタバレを避けている方は、そっとここを離れてくださいね♪






続きを読む


「ゅ 13-14」公式コードブック…… [ ・ユニコーン関連]

●ユニコーン、明日からツアー「第三パラダイス」スタート! 
公式サイトに行けない人も楽しめる企画が! みたいなこと書いてあって、一瞬小躍りしかけてガックリした情報(笑)を以下に(^^;)。

(1) 「第三パラダイス」ツアーガイドブック&「ゅ 13-14」公式コードブックが出るってよ!(公式サイトより)
まあ! なんと今のワタクシのニーズにピッタリな「ブック」なんでしょう! 今回、なぜかコードが恐ろしく気になっているからぁ(^^)。……って、「iOS用楽譜アプリ」!?

:(´◦ω◦`):

身の周りに一切「iOS」がないワタクシは……どうすれば……orz
(ま、いいや……自力でコードをとるからぁ~♪ って、一瞬思ったけど……。
-------------------------------------
ツアーのリハーサルで使われた楽器・機材の写真と解説に加え、ユニコーンと親交の深いライター、兵庫慎司氏が関係者への取材に基づき作成した『ゅ 13-14』ライナーノーツが収録
メンバー自ら監修した公式コードブック
-------------------------------------
……って公式サイトにある! それ、ぜひ見たい! どうすればぁ……!?)

いま入手したら、誰よりも楽しむ自信がある(笑)んだけどなぁ。でも、だからってそのためにiOSを入手するような努力をするでもなく、「所詮、ご縁がなかったのね」と諦めます、きっぱりと(^^;)。……せめてAndroid版が、追加で出ないかなぁ……orz 


(2) 明日今日(2016年9月3日)から『パラダイス☆ロト』でプレゼントが当たるってよ! (公式サイトより) 
「SMA☆アーティスト」の会員になって → 公演日の正午以降に特設サイト?の指定箇所をクリック?したら → 応募できるとかなんとか!
……って、リンク先が「スマホ向け」だぁ~orz ←ガラケー。タブレットで登録するか……(メンドー)。


(´ノω`)コッソリ < SMAさんにひとつお願い:年配の情報弱者を置いていかないで……www



●気分を上げるために、別の話題を(^^;)。

先月のミュージックステーション出演、やっと録画を見ました~♪
今回は割とユニコーン自身(民生さん)がしゃべらせてもらえて、例のリアルお面でタモリさんにも喜んでもらえて(?)、ヨカッタヨカッタ(^^)。タモさんが一瞬、民生さんのお面をかぶって、サングラスを外した民生さんの笑顔と横並びに! 貴重な1シーンでしたw AKBの皆さんが、気前よくあのお面をかぶってくださって! EBIくんはAKBの人並みに小顔なんだとわかって(笑)! ツナギの生ユニコーンと、その隣に「女子高生の制服風・お面ユニコーン」が並んで、民生さんが「気持ち悪い、こっち向かないで」ってwwwww ←発案者が何をおっしゃる(笑)。

【追記】 忘れてた、このMステ「放送直前コメント」映像も発見しましたの♪ 5人横並びで「30秒」時間をもらっていたらしいのに、1分間しゃべるオジサンたち(笑)。しかも話の内容が「Mステの階段、大丈夫か?」ほか、ただの雑談w ユニコーンらしくてヨイです♪ ひとつ思ったのが、あの方たちは緊張……しないんでしょうか??? 何の映像を見てもリラックスしているように見える(笑)……うらやましい! ←超・緊張体質(^^;)。

・ついでに、電大の8月ツアー前コメントも見つけたので、今さらだけどリンクしておきます♪ お三方、ノビノビしゃべっておられます(^^)。えっ、電大マキシシングル収録の「ジョーカーになろう」、川西ボーカルが超カッコイイ! ナニ、この色気! 電大メンバー、どんどん進化中!!! お金が貯まったら、電大もちゃんと聴きたい!



●コードブックが入手できない環境なのは、コピーにハマッている今日このごろ残念な限り(^^;)。

ですが、個人的には、「コードブックが出る前に、いちばん難しい曲のコードをとってやったぜ!」という事実だけを誇りに、今年度下半期を生きていこうと思いました(笑)。

たとえそこに間違いがあろうと、気にしない♪ しかし……我ながらタイミング悪し!(苦笑)



※このあと、「何か曲をコピッた」とかいう記事をアップしていたのですが、長くなったので別の場所に移しました(^^;)。





「風と太陽」、完結編(耳コピメモ) [ ・耳コピ挑戦]

●本日より、ユニコーンツアー「第三パラダイス」、スタート!!!
涙のお留守番組は、行けなくて悔しいので「すばやくなりたい」と「風と太陽」、カバーしちゃった♪ ええっと、ベースだけじゃないです、簡略化した和音と打楽器も一応……(白目)。

続きを読む


『ゅ13-14』、担当楽器の推測(1)「ツアー前」編 [ ・ユニコーン関連]

※ライブでの情報を加味して、別記事にて整理し直しています。

●明日から始まるユニコーン『ゅ13-14』のツアー、「第三パラダイス」。予習バッチリ、行きたかったわ……orz

同アルバム、いつもよりなんとなく情報が大幅に減っているライナーノーツに物足りなさを感じ、自力でなんとか各曲の担当を割り出したい所存。しかし、映像から得られるヒントも少なく、全部はわからなかった次第(´・ω・`)。※あくまでも無関係な一ファンの推測ですので、違ったらゴメンナサイね~(^^;)。 → 「iOS」をお持ちの方は、兵庫さんのライナーノーツを入手すべし! 公式サイト:(2016/09/02)付インフォメーション。当方は「iOS」不所持につき、該当情報は未反映です(涙)

※以下、敬称略。ギター1、2、3の順番にとくに意味はない(強いていうなら生まれ順 ^^; )。
※以下、「本当にそうだ」という証拠は何一つナシ。『MOVIE31』は参考にしたけど、それが実際にCD音源になったかどうかわかんないし(^^;)。【 】をつけたパートは、ほぼ確定。
※なぜクレジットが記載されていなかったかについては、後日の別記事に公式発表メモあり。




以下、個人的ブツクサ