So-net無料ブログ作成

ペンタブレットが欲しい(その1:大手メーカー製品物色編) [ ・お買い物の下調べ]

●実は現在、仕事でのマウスの使いすぎ(?)で、指の筋が炎症の一歩手前っぽい感じ。そういえば前のPCや前の前のMacでも、この違和感に耐えかねて入力装置としてペンタブレットを購入していたんでした……(忘れてた)。以下、1万円以下で「液晶タブレット」ではないペンタブレットを探すお話が延々続きます(笑)。

指の違和感は、楽器演奏が趣味の者としてはできれば解消しておきたく。ついでにちょっとお絵描きができたら楽しいかな~? 本格的に絵を描いたりはしないんだけどさ……と思って、ペンタブレットを物色。



●ペンタブレットが欲しい理由が、ただ単に「マウスの代替入力装置」ということであれば、以下のようなお安くて簡便なタイプで充分。

サンワサプライ USBペンタブレット TBL-01UBK

サンワサプライ USBペンタブレット TBL-01UBK

  • 出版社/メーカー: サンワサプライ
  • メディア: Personal Computers
リンク先レビューの写真を見たら、入力板(?)のサイズが「女性が指を広げた手」と同じくらいの面積? 超小さい。恐らく多分なんだけど、絵を描くつもりがないのなら、2,700円のコチラで充分なんではなかろうか。替えの芯は付いていないみたいだけど。

ただ、個人的には「らくがきがしたい」という欲もあるので……。ここまで小さいと、多分お絵描きは難しいと予想(いや、レビューではみごとに描いている人もいるけどね。上手な人じゃないと難しそう……)。

仕方なく、もう少し上位機種(?)を探す……探さなくても、このシリーズが否応なく引っ掛かってくる。

どうやらシロウトには、この辺が買いやすそう。

入力板(?)サイズや付属ソフトによって、商品名が違っているようですね? 以下、個人的な用途から「Sサイズ」に限っての比較。付属ソフト&価格情報はAmazonサイト記載のもの、価格はいずれも2017年6月10日現在。

(1)Intuos Draw」(上記リンク先) …… Sサイズのみ。
 付属ソフト:「ArtRage Lite」(「デザインやスケッチ、色塗りに必要な機能を搭載」)
 価格:8,226円 アッ、先日チェックした時より値上がりしてる……!(>_<)

(2)ワコム ペンタブレット Intuos Art ペン&タッチ 絵画・油彩制作用モデル Mサイズ ブラック CTH-690/K0」 …… S/Mサイズの2種類。
 付属ソフト:「Corel Painter Essentials」(「油絵・水彩画・クレヨン画・鉛筆画タッチのイラストを描けるソフト」)
 価格:10,985円Sサイズ) ※リンク先はMサイズだけど、価格はAmazonでのSサイズのものです(^^;)。

(3)ワコム ペンタブレット Intuos Comic S ペン&タッチ マンガ・イラスト制作用モデル ミントブルー CTH-490/B1」 …… S/Mサイズの2種類。
 付属ソフト:「Clip Studio Paint Pro」(「デジタルイラストを作製するのに必要な道具がすべてそろっ」ているとのこと) ※Clip Studio Paint Proは2年間限定のソフトウェア使用ライセンス
 価格:11,004円(Sサイズ)

(4)ワコム Intuos Photo ペン&タッチ 写真画像編集用モデル Sサイズ ブラック CTH-490/K2」 …… Sサイズのみ。
 付属ソフト:「Corel Paint Shop Pro X8(Win)、Macphun Pro package(Mac)  Corel AfterShot Pro 2(Win/Mac)」(「色調補正、合成、画像のゴミ取り、エフェクトの追加、手書き文字やイラストを写真に加えられる」)
 価格:11,063円(Sサイズ)

これ以上の上位機種は、予算オーバーなので割愛(^^;)。
しかし、さて困った。これ要するに、付属ソフトの知識がないと選べないではないですか……。直感で思ったのは、所詮シロウトがちょっとらくがきしたいだけなので、

・「Pro」と名の付くソフトは多分不要
・マンガを描く趣味はないので、「Comic」である必要はなし
・油絵・水彩画……風の絵が描きたいわけでもないので、「Art」も必要なし

 → 無難に「Intuos Draw」でいいですかね。予算的にも(^^;)。


※ペンタブレット自体について一つ気になっているのが、ペンのみの価格。これまで使っていた経験上、実はペンが結構「消耗品」で。まずペン先の「芯」も消耗品で、プラスチックの替え芯(5本)が旧機種だと900円近くしたかしら? 忘れたけど Amazonで673円?

※リンク先が上記機種の替え芯かどうか不明、必ず公式サイトで確認してくださいね!

この「芯」は、毎日のように熱心に絵を描く人だとあっという間にすり減るらしいです。私は仕事時にマウス代わりに使うだけで絵はほとんど描かなかったんだけど、それでも数年経ったら替え芯がないとアウトでした。

で、ペン先の芯だけではなく、ペン自体も意外に消耗する。マウスって数年でダメになるでしょ? あの感じ。古くなるとカーソルが飛んで「ペッ」って思わぬ場所に瞬間移動しだします。んで、この替えペンがまた、高いんだ(笑)。以前使っていたペンタブレット、まだギリギリ使えるけど数千円の替えペンは買おうかどうしようか……と迷っているうちに商品がなくなりました(^^;)。
声を大にして言いたいんだけど、パソコン関連の消耗品って高すぎるよね!(白目)


お絵かきソフトについて調べてみる


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽