So-net無料ブログ作成
検索選択
 ・ユニコーン関連 ブログトップ
前の10件 | -

BS洋楽グラフィティー [ ・ユニコーン関連]

●前にもチラッと書いた気がするけど、ユニコーンファンとしてはNHKのBS洋楽グラフィティーがたまらなく面白い件。

先日は「70's Vol.5」が放送されていて。ブロンディの「Heart Of Glass」が流れていた。ジャンルとしては「ニューウェ-ブ」、高い声の女性ボーカルの曲。近年でもよく「そこここ」で耳にする曲ではある。CMとかかな? 断片だけ。

軌跡!ザ・ベスト・オブ・ブロンディ

軌跡!ザ・ベスト・オブ・ブロンディ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 1996/07/24
  • メディア: CD
※リンク先でPC試聴可能。

ちゃんと始めから1曲聴いて、驚くわけです。

( ´-` ).。oO(なにこれ「ヒゲボ」サビのキーボードの音色w)

1フレーズ終わって間奏(?)部分でチラッと聞こえる……なんと言ったらよいか……「ヒゲボ」サビのバックで「ギラついた砂」みたいな音色(?)で鳴っている、あの音。ネタ元はこの曲だったか!? (≧▽≦) と。画面を見たら、なんか小さくて四角い箱(笑)を操ってその音を出していました。


●ここで、口の悪い人が「パクリ」というユニコーンの音遊びと、ホントのパクリとの違いを痛感。

ユニコーンというバンドは、「昔の楽曲の音の断片」をあからさまに入れ込む遊びを面白がってよくやる。けど「昔の音のマネ」というのは、相当労力がいることでね……。

ユニコーンが「ヒゲボ」を出したのは、1991年。多分キーボード的にはYAMAHAの「DX7」という機種が一世を風靡していた頃。

DX7にどんな音色が入っていたのか(いないのか)残念ながら知らないんだけど……。多分'90年代に、あの1979年の「小さくて四角い箱」の音色を再現するのって、かなりの手間だったんじゃないかな、と思うんだ。

音色にも流行ってのがあって、時代時代で(簡単に)出せる音っていうのは限られている。だから、昔とそっくりの音を出すのって、実は相当音に凝らないとできないのよねー。

例えば、民生さんはソロ作品でよく「ビンテージ風の音」と評される'60~'70年代辺り(?)の音を作っているけど、あれなんかは「その当時のアンプ」やら何やら、入手困難であろう機材を集めないと作れないんでしょ(多分)。古い音のニュアンスを出すには、そこから始めるものだと思う(多分)。正確な知識がないので、「(多分)」づくしで申し訳なし(^^;)。

つまり、よほど音や機材について研究し尽くして手間をかけないと、「昔っぽい音色」というのは出せないものだと思うんです。あと、機材だけそろっていても演奏を再現する技術もないと「それっぽく」はならないしね……。

ユニコーンの編曲でチラホラ出てくる「昔の音」風の音って、その裏に実は「音の探求」とか「高い再現&演奏技術力」があるんだよね。

で、あくまでも超有名曲の、誰もが「ああ、あれ」とわかるところから「あれを、ここに持ってきましたよ♪」とわかるように提示する。それがユニコーンの遊びなのであります(笑)。

音をちゃんと追求しているから、マネた音が安っぽくない。パッと聴いただけですぐに原曲が思い出せ、「そこを持ってきたか……ニヤリ( ̄ー ̄)」と笑える。そのニヤリのためだけに、ものすごい労力を費やしているんです、あの人たちは(多分)。そのある種のバカバカしさに、笑いが込み上げてきます。

人はそれをユーモアというんだな。

私の嫌いな「パクリ」屋さんは、そんな「研究」はしていない気がします。フレーズの、音の並びをマネするだけ。ひどいのは、あまり知られていないインディーズ作品からフレーズを持ってきて、それを1、2音だけ音を変えて自分の作品のサビにしちゃってた。あれには「ユーモア」は感じられなかったな……。あれは盗作を訴えてもいいレベル……(以下自粛)。

そこんとこのユーモアの「ある・ない」の違いは、是非ともユニコーンファンでない方にもご理解いただきたいところです。


●ということを踏まえて、ユニコーン作品の「パッチワーク」の片鱗と思われる拾いモノを、もう少々。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

やっと「三パラ」映像化~(涙) [ ・ユニコーン関連]

●2016年夏にアルバム『ゅ13-14』が発売、年内ずっとツアーを行っていたユニコーンさん。
やっとそのツアー「第三パラダイス」のソフト映像がリリースされます~!


D3P.UC [DVD]

D3P.UC [DVD]

  • 出版社/メーカー: キューンミュージック
  • メディア: DVD

ああ……でも情報元(RO69)によると「ツアー中のメンバーの様子や舞台裏など全公演全会場の模様を様々な角度から記録したドキュメンタリー映像を中心に、ライブ映像『』収録」(リンク先より引用。強調は当ブログによる)だそうで。「」が気になる……ライブよりメイキング映像の方が多そう? わかんないけど。

ライブCDも出るんですってね?
(あれ? Amazonリンクで検索できない >< )

「オーレオーレパラダイス」、ツアー初期に既に、演奏中に「ピタッ」と音が止まる演出だったんだけど……あれをそのまま収録しているんすかねぇ?(笑) 参戦した方のお話ではその間MCだったとのこと、じゃあテッシーの「おしゃべり」が収録……?(^^)

んまぁ……。両方欲しくなるよね……(^^;)。

でも多分ワタクシ、映像の方を選ぶと思います。ユニコーンのライブは映像で見て聴くのが好きなので♪



ホントは遅ればせの「奥田民生 生誕50周年伝説“となりのベートーベン” [DVD]」感想を書こうと思ってパソコン立ち上げたんだわ~。そちらは、また後日!(^^)




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

第三パラダイスのネタバレ、いただきました♪ [ ・ユニコーン関連]

●前記事にて、昨年(2016年)末に終了したユニコーンのライブツアー「第三パラダイス」が謎だらけだ……とボヤいたところ、ありがたいことにその謎の回答をいただきました!

コメントくださったKMさん、本当にありがとうございます!(3回も参戦できたとは、うらやましい!)

ワタシの抱いていた謎は、少なく見積もって以下w (ホール公演・パターン「B」)

もし万一、有料放送もしくはDVDで見るまでネタバレをはイヤ! って方は、以下は読まないでくださいね♪


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

第三パラダイス、ソフト化希望…… [ ・ユニコーン関連]

●タイトルは、「そうだったらいいのにな」という独り言です(^^;)。

2017年が明けてからだいぶ経つものの、ワタクシがユニコーン関連でキャッチした情報は以下くらい。

半世紀 No.5(初回生産限定盤)(DVD付)

半世紀 No.5(初回生産限定盤)(DVD付)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: KRE
  • 発売日: 2017/03/08
  • メディア: CD
※それぞれの「50祭」曲2曲ずつ(同ミュージッククリップ付き)


半世紀 No.5(通常盤)

半世紀 No.5(通常盤)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: KRE
  • 発売日: 2017/03/08
  • メディア: CD
※同上、CDのみね。


半世紀 No.5(完全生産限定盤) [Analog]

半世紀 No.5(完全生産限定盤) [Analog]

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: KRE
  • 発売日: 2017/03/08
  • メディア: LP Record
※同上、アナログレコード盤、8,640円。映像はつかず、「アナログレコードEP盤5枚組+特典、オリジナルスリップマット、50祭 復刻スタッフパスステッカーセット封入(5枚)」だそうな。(Amazonより引用)


これが3月8日発売でしょ?

5月5日には、何やらライブイベントに参加するとの告知があったでしょ?
GRAPEVINE公式サイト grapevineonline.jp/


……ねぇねぇ、ツアー「第三パラダイス」の映像はぁ~?

 → 2/12(日)後8:00~10:00、フジテレビNEXTで放送!

 Σ(゚д゚;)))

えぇ~、有料放送、ですかぁ……。
これ、一度すでに生中継で放送された「東京国際フォーラム公演」なんですって。ってことは、放送されるのは2回目ってことよね。そんなにバンバン放送されちゃって……視聴者は既に録画を持っていたりなんかして……まさか「もうソフト化されない」なんてことはないよね?(震え声)

参戦した人のツイッターを眺めても、ファンの集まりで実際に話を聞いても、さっぱり要領の飲み込めない、こないだの謎のツアー(笑)。 ←参戦しなかった人からは、こう見えますw
絶対に、映像で見たいのです。でないと「ピカチュウ」やら「パン、茶、宿直ひょっとこ」やら「ダンソン」やら「みつばち」やら、何のことだかさっぱりわかりません(^^;)。

共有したいの、(一応)ファンとして(≧▽≦)。
※ファンなのになぜ、参戦しなかったのかって? ゼニがなかったんや、ゼニが……。近くまでは行ったのですよ、という思ひ出語りを、以下に。


ホール「外側」参戦(^^;)


nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

僕らの旅路≒テッシーのすばらしい日々 [ ・ユニコーン関連]

●ワタシが、忙しいあまりにユニコーン関連のチェックをすっかり怠っていた間に、「宮ちゃん教えて!」に1件、回答が増えていました。なんと、「僕等の旅路」についてテッシー直々のご返事が!

テッシーの思いに触れ、思わず泣きそうに。是非、ご覧あれ!
-------------------------------------
035. 僕等の旅路
(中略)
この曲はかなり前に作ったもので、(中略)ふと昔のユニコーンを思い出したり、その当時に気に入ってたコードなんかを組み合わせて、ギターを弾きながらメロディーを乗せていきました。声のモデルはOTの声だったのですがね。

プロ生活ではいまの半分くらいのキャリアでしたが当時はなんかたくさんの経験をしてきたと思ってました。ここから先の方が長いのにね。

なんか思い立って、今回の選曲に出すことにしました。この作品はユニコーンでやりたかったから。『まず、これからやってみよう』ってOT提案は素直にうれしかったです。(後略)
-------------------------------------
「宮ちゃん教えて!」http://tepsu.jp/oshiete/3-35.htmlより抜粋。改行・強調文字は当ブログによる。

テッシ~~!!!

テッシーの深い深~い、真っ直ぐなユニコーン愛が感じられる回答ではありませんか(うるうる)。

どういう意味かって? 個人的な見解ですが(^^;)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ユニコーンとバングルズ [ ・ユニコーン関連]

●忘れないうちにメモ。

80年代の洋楽バンド・バングルズの「Manic Monday」(1986年)って曲を作業しながら聴いていまして。そしたら伴奏のピアノで、ユニコーン「抱けないあの娘」のフレーズと似た音が、いきなり耳に飛び込んできたwww 

「3分待って……」の直前、印象的な「タンタラタンタン、タンタンタンタン、タラララタンタン、タンタンタン……」みたいなの。

NHK BSプレミアムで、土曜深夜(日曜明け方)に放送している「BS洋楽グラフィティー 80's『Vol.15』」で聴きました♪

Manic Monday: The Best of

Manic Monday: The Best of

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Music Club Deluxe
  • 発売日: 2007/09/04
  • メディア: CD
※80年代にすっごく流行った、バングルズ。

PANIC ATTACK

PANIC ATTACK

  • アーティスト: 奥田民生,手島いさむ,堀内一史,川西幸一
  • 出版社/メーカー: ソニー・ミュージックレコーズ
  • 発売日: 1995/12/13
  • メディア: CD
※1988年7月発売のアルバムに「抱けないあの娘」収録。

「抱けない……」の作曲者は、民生さん。ファンサイト「UNICORN CHORNICLE」さんによると、ABEDONの正式加入は1988年5月、同年7月発売のアルバムでは、まだ「スペシャルサンクス」扱いだったそう。ということは、いくらABEDONでも「キーボードアレンジにバングルズを持ってこよう!」なんて提案までは……いや……ABEDONなら、できたかな? 
もしくは民生さんが「なんかバングルズのコレみたいなの、入れてよ♪」って「発注」したかもしれませんね、笹路さんかABEDONのどちらかに( ´艸`)

NHKの「BS洋楽グラフィティー ★'s」シリーズは、ユニコーンファンは流し聞きしていると楽しいと思います♪ いろんな「パズルのピース」が出てくるから……想像して遊べます♪ (≧▽≦)




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「アゲホヤパラダイス #19」解析 [ ・ユニコーン関連]

●バンド・ユニコーンのツアー中、メンバーABEDONによるネタバラシ動画公式Facebookにアップされている。そのシリーズタイトルが、「アゲホヤパラダイス」。

そのうち、本日(2016年11月14日)朝5:42(!)付でアップされていた、
OFFICIAL ROAD MOVIE“アゲホヤパラダイス #19” by アベドン・ビッチコック監督」
に関する記事です。

「アゲホヤ#18」は、よかったですよ♪ 冒頭に「WAO!」のライブ映像!!! が流れつつ、普段着のABEDONとテッシーによるライトハンド奏法談義(?)が微笑ましくて(^^)。テッシーの細かなギターテクがアップで見られて。ABEDONの、テッシーへの「敬意なきおちょくり方」は、正直ちょっといやですが。

しかし、「アゲホヤ#19」で愕然となります。

なんなの、このサブリミナル的映像の羅列は! wwwww


恐らく、大阪公演二日目の1日を断片的につないだのだと思われますが……。
あまりに断片的すぎて何にもわからなかった(≧▽≦)ので、
思わず1カットずつ、何の映像か確認してしまいました(^^;)。

これからライブに行くから、ライブ情報は仕入れたくない! っていう方は、
以下は見ないでくださいね!
ツアーのリハからアンコールまでの断片が文字化されていますので……。


※ワタクシゴト、現在仕事で「音声を丹念に拾って文字化する」作業に追われています。ブログ更新がしばらく途絶えるくらい、追われています(笑)。だから、休憩中くらいはユニコーンの動画見てゆっくりしよう……と思っていたのに。「映像を丹念に拾って文字化」してしまいました。個人的に、よほど好きな作業らしい(白目)。





「アゲホヤ#19」、全80カット詳細。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

『ゅ13-14』にクレジットがなかった件 [ ・ユニコーン関連]

●ユニコーンのアルバム『ゅ13-14』。ライナーノーツに歌詞はあったけど、メンバーの誰がどの楽器を弾いたかっていう「クレジット」が、掲載されていなかったのね。なので当ブログ、勢い余って推測記事を書きました。割と発売直後だったので、「全然違う」箇所もあるかも(^^;)。

その掲載がなかった理由が、「宮ちゃん教えて!」で明らかに……。以下、リンク先より引用。
-------------------------------------
Q.(前略)早速お尋ねなのですが、「ゅ13-14」ではどうして楽器のクレジットがないのでしょうかー??(後略)

A.マネージャー毛利がお答えします。

今回の「ゅ 13-14」のレコーディングは、
前作「イーガジャケジョロ」と比べて、かなり時間に余裕を持ったスケジュールで行いました。
もちろん、楽器のクレジット資料はあるのですが、時間に余裕のある分、制作もその時その時のノリで、
何度も録り直したり、差し替えたり、はたまたメンバーが家で録り直してきたり、
最後のMIX作業で替えたものや、結局使われなかったものなど、、、
単純に録音データが膨大になっていた、という事もあるのですが(笑)、
ジャケットクレジットにレイアウトした際に、文字量が多すぎて、
デザイン的にシンプルにしようということになったと記憶しています。
逆に、今回は、作曲者5人の個性がわかりやすいアルバムになったと思うので、演奏に関しては、
全てをクレジットせず、想像して楽しんで頂くのもありかな~と思いました(^^)。
-------------------------------------

わーい、毛利さん、ありがとうございます! (どなたか知らないけど)(あ、この質問はワタシではないです)

しかし……デザイン上の問題……。個人的には、文字量が多くても良いから、4色刷であろうタイヤホイールの写真の代わりに情報がほしかったかも(´・ω・`)。ライブには行けていない(!)のでね……ライブで得られない担当楽器情報が知りたくて知りたくて(笑)。

……でも、このホイール写真がないと、今回のツアーロゴのデザインが周知できないか……。待って、今ツアーのロゴとは違うね、この紺色のピック型のマーク。これ、そもそも何のロゴ?(^^;)

ともあれ上記回答を見る限り、『MOVIE31』では「楽しく」「思いつきで」「ちゃっちゃと」制作しているように見えても、じっくりと「何度も録り直したり」「差し替えたり」「家で録り直してきたり」と、とても凝った音作りをされていたのですね、やっぱり! そこまでしておきながら、ミスタッチを「戒めとして」(笑)あえて残すという……。「風と太陽」も最後にチラッとあるよね( ´艸`) そういう揺らぎ、ビートルズっぽくて大好きなんだけど♪ 

発売から2か月経った今日この頃、あえて壊れたヘッドホンで「右チャンネルだけの『ゅ13-14』」を聴くのがマイブーム。ちゃんと聴き通してわかることがあったら、推測記事に訂正を加えることといたしましょう。

もっとも、いつも就寝前なんで最後まで聴き通せず(^^;)。

『MOVIE31』で民生さんが寝ちゃったとおり、「ハイになってハイハイ」が、子守唄みたいに眠りに就きやすく(^^;)。逆に、そこからずーっと寝ていたはずなのに「風と太陽」で必ず一度、「( °o°)ハッ」と目が覚めます。音を聴いて。朝の目覚まし曲として良いかも(笑)。


※引用文が記事本体の主になると著作権的に問題なので、どうでもいいことをグダグダと書き連ねました(≧▽≦)。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「いべはっちゃく」の解! [ ・ユニコーン関連]

※16/10/06、記事タイトルを変更。

●「宮ちゃん教えて」が有り難すぎる件。

ユニコーン公式サイトで告知されていた、「宮ちゃん教えて」コーナー。

ユニコーンの『MOVIE』でお馴染み、エンジニアの宮島さん(メンバー以外の、茶髪で短髪の同世代っぽいオジサマ。『MOVIE31』でもチラチラ、映っておられた記憶)。ユニコーンがらみ(や、そうでない音響についての)アレコレについて、教えてくれるとな! 最近お答えが始まって、ユニコーンの「長年、気になっていたあれこれ」に解が! ありがたや、ありがたや!

当ブログで気になっていた2件を、引用させていただきます♪


★まずは最近の話題。
「僕等の旅路」のハモリは誰が? という件。個人的にはABEDONは選択肢に入っていなかった(^^;)んだけど……。
-------------------------------------
1番も2番もサビのハーモニーは奥田くんが歌っています。
確かAメロのフェイクはABEDONだった記憶があります。
-------------------------------------
(出典 → 

おおお……えっ!? フェイクって……どこだろう(おろおろ)。「いぇ~」「おぅいえ~」の部分!? A……ABEDONには聞こえなかったんだけど……当方の耳のテキトーさを思い知りました……orz ←勝手に川西さんだと思っていた人


★それより、もっと気になっていたこと!(え) 
「ウルトラヘブン スーパーマイルド」の「いべはっちゃく」!!!
-------------------------------------
「はっちゃく」とはKi/oon Music A&Rの日笠山さん。(中略)eBayが大好き。
-------------------------------------
(出典 → 

やはり人の呼び名でしたか……調べてもわからなかったはずです(≧▽≦)。完全な楽屋落ちだね! 個人的に、「eBayでTシャツを8着買った……ことにしておこう」とムリヤリ納得しようとしていました(笑)。でも数が合わないしなぁ……などと、時折思い出していたんです、「eBay」って文字を見るたびに(^^;)。


ああ、宮島さん、ありがとうございます! これで今晩、ぐっすり眠れそうです!(≧▽≦)



●個人的に
-------------------------------------
人間の耳は左右にあって、聴いてる音楽の音源もLRのステレオ。
PAN定位が左右・センターと位置できるし、逆相成分をコントロールすれば
アタマの後ろから音が飛びだしてくる様にもできる。
リバーブディレイを使うと前後の奥行きも。
-------------------------------------
(出典 → 。色文字はワタシがわからなかった言葉 ^^; )

……みたいなお話も、わかるようになりたい……のですが、小学校理科の「音」って単元を担任にすっ飛ばされて(笑)以来、つまり生まれてこの方、音について勉強をしたことがないので、全然わからんちん。バンドやってるって言ったって所詮「ごっこ」ですから、「リバーブ」も「ディレイ」もスル~(^^;)

「すばやくなりたい」のドラムがね、壊れたヘッドホンで聞くと、前奏のときは向かいのステージのすごい奥の方(!?)で「音が横に広がって」ボワワーンと響いているのに、歌が始まったら(だったかな)急にボワワーンがなくなって、キュッと右だか左だかの手前の方に寄ったように聞こえまして。でも、壊れていないヘッドホンで聞くと、その差がわからないんだよなぁ……。アッ、そういう話を質問すればいいのか!(今さらながら) もっとも、万一お答えいただいても当方、理解できそうにないですが(^^;)。


専門的なお話は「ほ~ぅ(?_?)」となりつつも、今後の内容が楽しみです♪ 




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「たまごご飯」祭り、ほか(個人的つぶやき) [ ・ユニコーン関連]

●ユニコーンファンとしては、底の浅いワタクシ。

明日の有料チャンネルでの「ABEDON50祭」放送は、加入できず見られないのですよ……orz
-------------------------------------
<TV>
放送日時:9月30日(金)21:00~22:55
放送局:フジテレビ NEXT ライブ・プレミアム/フジテレビ NEXTsmart
番組名:ユニコーン ABEDON50祭「サクランボー/祝いのアベドン」
出演:ユニコーン / ABEDON and THE RINGSIDE / ABEX GO GO / 氣志團
番組詳細:http://otn.fujitv.co.jp/abedon50/
-------------------------------------
以上、公式サイト・インフォメーションより引用。

しかたなーい、しかたなーい♪ ……orz

ご覧になった方のレポートを待つのみ!


●同じく、公式サイトのインフォメーションより。

宮ちゃん教えて! 3.0」に、回答が!

スタッフの銀ちゃんさん(お久しぶり感!)の質問に、( ̄ー ̄)ニヤニヤしました(笑)。ユニコーンのサウンドについて聞いてみたいこと……山ほどあるような気がするんだけど……専門的なことに関してはさっぱりわからないので、聞きようもなく(^^;)。一点気になっていたのが、「すばらしい日々」の間奏で聞こえる音のこと。あまりに些末なのでうかがうのも気が引けますが(笑)、質問してみようかな♪
【16/10/08】 ご回答いただきました! →  ありがとうございます、ありがとうございます! ABEDONが意図してぶつけた不協和音でしたか……。1小節だけコード「E」が「E6」になるのね!? 自分の耳の甘さを思い知らされました……orz ユニコーン作品、複雑~(^^;)。


あとは個人的な驚き(^^;)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | -  ・ユニコーン関連 ブログトップ