So-net無料ブログ作成
検索選択
 ・奥田民生 ブログトップ
前の10件 | -

奥田民生×若大将!? [ ・奥田民生]

●ユニコーン関連情報のチェック、サボり気味。だって、今年は「お休み年」だろうから。というより、こちらが〆切に追われていて、ですねえ……(^^;)。
「お休み年」って、失礼なw 「ユニコーンとしてツアー・リリースをしない(かもしれない)年)っていうだけで、ユニコーンとしてイベント出演の予定はいろいろ動いているみたいだし。ソロ活動も精力的になさっている? っぽいし。ただ個人的に「ユニコーン5人揃って」の「公式リリース」ものに的を絞って追っているため、「お休み」になってしまっているのであります(^^;)。「第三パラダイス」、ソフトリリース情報こないなぁ……(心配)


半世紀 No.5(初回生産限定盤)(DVD付)

半世紀 No.5(初回生産限定盤)(DVD付)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: KRE
  • 発売日: 2017/03/08
  • メディア: CD
※ゴメン、買ってない、ゼニないから(^^;)。



●前置きが長くなりました。テレビ番組の自動録画で、民生さん出演番組が録れていました!

・BS朝日1「歌っていいだろう」奥田民生パート2
 ※え、パート2!? パート1は録画機がスルーしたか……orz

個人的に番組内容メモ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

スキマ×奥田 [ ・奥田民生]

●今年(2016年)、ABEDON「50祭」で完結した、ユニコーンメンバーの50歳祝いライブ(?)。
その勢いでスカパー!が全員の50祭?なんかを集中放送……という事実もすっかり忘れるほど忙しかった、11月~12月初旬。場合によっては加入検討だな……と思ってたけど、そんな心の余裕なかった(^^;)。


「50祭」は見事に見逃したけど、代わりにちょっとしたご褒美が自動録画されていました♪

それは、スキマスイッチ「全力少年」produced by 奥田民生! WOWOWプライムの「邦楽BREAK#382」って番組で、レコーディング風景のショートバージョン……よりもう少し長いやつを放送! リンク先でチラッと見られます♪ この倍くらい長いのを見ました♪

スキマスイッチ、よく知らなくてね? 確か一人がアフロだったよね? と画面を見たら、むしろ民生さんの方がアフロに近かったという……w それをヘアバンドで留めていたので、ワタシはEYEZMAZEというゲームサイトのかわいい「ネイバーズ」を思い出していました(≧▽≦)。


●肝心の録画されていた映像ですが……。スキマスイッチさんのプロモーションビデオ(PV)だったのね。

歌詞の出し方が「イージュー★ライダー」っぽくて懐かしいね! 美文字だけどw 民生さんが一生懸命演奏しているお姿がふんだんに見られて、スキマファンに申し訳ないくらい(?)。エンジニアの「宮ちゃん」さんまで映ってたww 民生さんの、決してメインボーカルを食わない抑え気味のハモリも素敵だし。

映像イメージとしては「ひとりカンタビレ」っぽい。キーボード以外の実にいろいろな楽器を、お一人で? シンバルを木槌で叩く音、あのタイミング、気持ちいいなあ(笑)。

曲のサビに来て初めて、「あ、この曲知ってるヤツだ!(むしろ多分、スキマさんの曲はこれしか知らないかも…… ^^; )」と。元の曲と全然雰囲気が違うから、気づかなかったよ。

ドラムを叩いている民生さんがね、だんだんつらくなってきて、2回目のサビの頃には顔をしかめて苦しそうに全力で演奏しているんだ……
( ´-` ).。oO(全力中年……)
多分、「お直しだらけの音楽市場」へのアンチ姿勢で、一発録りをされた結果ではなかろうか? 疲れるもん、全身運動だもんね、ドラム演奏って!


リンク先によると、先月末のリリース曲だったそうな。
いや~、思いがけない演奏映像、眼福ごちそうさまでした♪

……って、記事が終わってしまうところだった。感想を書きたかったのです、奥田民生というミュージシャンの音について。





ブルージー?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「お祭りマンボ」≒奥田民生……!? [ ・奥田民生]

●何を聴いてもユニコーンおよび民生さんに関連づけてしまう、悪いクセが発生している件(^^;)。

最近、夜中の3時とかに目が覚める。そんな時にはNHK「ラジオ深夜便」を聞くようにしている。知らない古い歌や静かな語りなどを聞いているうち、再び眠りにつけるから(^^;)。

ところが。

今朝方はたまたま、美空ひばりの「お祭りマンボ」が流れていて、思わず目が覚めました! だって、歌詞が面白かったんだもん(笑)。

「お祭りマンボ」……まず「マンボ」の時点で、昨今のユニコーンの「RAMBO N°5」がチラッとよぎりつつ、関係ないのでうち捨てておいて(笑)。この曲、これまでも何度かチラッと聞いたことはある。恐らくフルコーラスじゃなくて。なんか、キーはマイナーなのに「ワッショイワッショイ」で「お祭りだ~♪」って、威勢の良い曲よね? ……程度の認識。

それが、フルコーラスで歌詞を聞いていたら、思わぬ伏線とオチがついていて。 → 

ただの「早口で威勢が良くてリズミカルな歌」ではなかったんだね!? 「おもしろうて、やがて悲しき」悲喜劇が、1曲に歌われていて……最後の悲劇的なオチ、歌として聞いていて衝撃でした(≧▽≦)。

で、半分寝かかったアタマは、思ったわけです。

 ( ´-` ).。oO(これって、「大迷惑」の世界っぽい……ムニャムニャ……ZZZ)

笑えるような悲しいような……ということで連想。……「大迷惑」の場合は、「哀しいようだけどなんか笑える描き方」なので、「楽しいようでオチが悲劇」の「お祭り……」とはベクトルが逆、という気もするけれど。まぁとにかく、どちらも「哀しさ」と「おかしさ」の両方が入っていて、感情がジェットコースターのように揺さぶられる歌だなぁ、と。

それで、日頃の疑問が一つ解けた。


●『ゅ13-14』の発売前後、珍しくテレビ露出が多かったユニコーン。バンドの概略や代表曲の紹介、必ずバックが「大迷惑」だった気が。

いや、そりゃ確かに「大迷惑」はファーストシングルだし、リリースした当初から世間を騒がせていた(クラシックしか聴かない友人が、「歌詞がリアルで末恐ろしい作詞家だ」と絶賛していた記憶)。あのミュージックビデオは「いま見ても古くない」と評価が高いし、何よりも、今年のツアーでもライブで歌われている現役作品。ノリは良いし、否応なく盛り上がるし、ユニコーン界では誰もが認める代表曲的存在であることに、間違いはない。

けど、ホントに彼らの代表曲って「大迷惑」なの? そうなの? ……と、心のどこかでずっと思っていました(笑)。なんで「服部」じゃないの? とか。新しいところで「Feel So Moon」じゃないの? とか。

でも、美空ひばりの大ヒット曲(多分)「お祭りマンボ」を聞いて、納得した。

「大迷惑」も、「お祭りマンボ」と同じように「歌を聞いただけで」「何も考えなくても」「おかしみと哀しみの両方が」「すんなり心に響いてくる」なぁ、と。わかりやすい。ただわかりやすいだけでなく、面白いうえに感情が揺さぶられる。そこ。

多分、万人に通じると思うのね、そうした歌は。

だからユニコーンの代表曲は「大迷惑」なんだなぁ……という結論をもって、ワタシは二度寝したのでした(笑)。
朝、ちゃんと起きてから高齢者である母に聞いてみる。「お祭りマンボ」、知ってる? → 知ってはいた。子どもの頃よほど流行ったらしい。歌謡曲は嫌う母なのに、サビはすぐに口ずさめたほど。ただ、「終わりが寂しい歌だった……っけ?」と。ボンヤリ印象しか残っていないと。フルコーラスのオチまでは詳しく覚えていなかった。ご参考までに(^^;)。



※余談。
今朝のNHK「あさイチ!」、トークゲストに小林薫さんが。ちゃんと見ていたわけではないんだけど、最近ほうぼうで昭和歌謡を歌っているJUJUさんもゲストのコーナーがあって、小林さんが歌についてポロッとつぶやかれていました。「昔は、もっと(一見)デタラメな(?)歌もあって、『コーヒールンバ』とか『バナナボート』とか(そうした歌もあった昭和歌謡の世界の方が、世界が狭くないとか、そんなニュアンスだったような、違ったような ^^; )

ちゃんと視聴したわけでなし録画したわけでなし、ご本人のおっしゃったことと違っていたら大変申し訳ないのだけど。そうなの、昔の「歌」の世界って、今よりもっと豊かだった気がするの。こうして時々、昔の歌を耳にするとね。いまの歌って、「シロウトの日記」「応援ソング」「ある季節に売れる題材の歌」ばっかりになっていたり……なんか薄っぺらくて心に響いてこない歌が多い感じがするんだよねー。
……いや、なんでもないです、年寄りの繰り言です(^^;)。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「MOVIE29」のDISC2感想 [ ・奥田民生]

●世間のユニコーンファンの皆さまが、「EBI50祭」の余韻にひたりつつ「ABEDON50祭だ!」「秋にツアーかも!?」「新アルバムレコーディングかも!?」と噂している昨今。へそ曲がりなワタクシは2016年5月の連休中にやっと、前年のイベント「MOVIE29」を全部ちゃんと拝見したのでした(^^;)。
奥田民生50祭“もみじまんごじゅう

奥田民生50祭“もみじまんごじゅう" [DVD]

  • 出版社/メーカー: KRE
  • メディア: DVD

で、以前の感想をひっくり返すに至りました!

 ソロ弾き語り>地球三兄弟>>>>>サンフジンズ>>>MTR&Y

 ソロ弾き語り>サンフジンズ=地球三兄弟>MTR&Y

サンフジンズ、いい! キラーーン Σ(゜∀゜)

「ハリがないと」と「サーフジーンズ」、好きだ!
前回鑑賞したときは最初の1曲だけ聴いて、食わず嫌いで飛ばしていました! 聴き落としでした!

スリーシンフサンズ

スリーシンフサンズ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ラーメンカレーミュージックレコード
  • 発売日: 2015/07/29
  • メディア: CD


ツアー過注射~全国オペ2015~ [DVD]

ツアー過注射~全国オペ2015~ [DVD]

  • 出版社/メーカー: ラーメンカレーミュージックレコード
  • メディア: DVD


以下、ちょっとだけ「チラシの裏」(=ワタクシゴト)。
-------------------------------------
※個人的にわかったことがある。
・ワタクシ、秋~冬にかけては自律神経の関係でエネルギーが著しく低下する
・そうすると、新規の音楽を聞くのは「しんどく」なり、これまで馴染んだものしか受け容れられない(もうちょっと正確に言うと、自分が見ていないテレビの音すら騒音に聞こえていたほど)
・毎年連休のころから、エネルギーが戻ってきて新しい音楽も聞けるようになる
だから、昨年秋に入手したDVDの2枚目を、今ごろ全部見たりしているのですよ……(^^;)。

-------------------------------------
言い訳はこのくらいにして、サンフジンズの何がよかったか、連休中に感じた幸せについて以下に(^^)。



ビートルズにこじつけて、感想を申し上げようかと。


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

思い出の「ネギ坊」…… [ ・奥田民生]

●ものすごく「今さら」な話をします。それもマニアックな独り言を(笑)。
2015年11月2日に放送された、NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」のこと。

ワタシはそこで初めて、バンド「kōkua(コクア)」の存在を知ったのでした!
話題が古い上に、さらなる今さら感!!!

番組の主題歌はスガシカオさん。
同日の放送は、番組10周年スペシャル……かなんかで、
スポットを浴びていたのはスガシカオさんだったのですが。
すみません、スガさんも嫌いではないのですが、ここでは内容を割愛します。

スガさんのレコーディング風景の中に……「根岸孝旨」とクレジットが!
な~んと! 「10年間見たり見なかったり」していた番組だけど、
主題歌に使われている部分だったらなんとなく耳に馴染んでいる、あの音が、
「ネギ坊」こと根岸孝旨氏のベース音だったとは!!!

Progress

Progress

  • アーティスト: kokua,スガシカオ,武部聡志,小倉博和
  • 出版社/メーカー: BMG JAPAN
  • 発売日: 2006/08/02
  • メディア: CD
曲後半の方で、ブレイク前に「ポーーン」って高い音に飛ぶベース、好きだったんだ……。※正座して聴き直したら、そんな音、入っていなかった(^^;)。何かの思い違いをしておりましたので、一部削除させていただきます(笑)。
誰が演奏しているか知らなかったときから、心地よさを感じる音ではありました(^^)。


昨年の同番組では、「kōkua」の新曲もスタジオ演奏されていました。
Σ(*・д・ノ)ノ 「夢のゴール」って、未発売なの!?

その演奏も聴いたんだけど……ワタシ、ネギ坊のベースが世の中で一番好きかもー!
だから、大御所に対してその呼び方は失礼だって……(^^;)。

以下、個人的な「ネギ坊」讃辞(^^;)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ZIPで「ひとり股旅スペシャル」ニュース見たよ [ ・奥田民生]

●2015年11月30日(月)早朝。
日本テレビ系「ZIP」を流し見していたら、「奥田民生」と聞こえたので、慌てて録画準備!

同28日に広島・マツダスタジアムで行われた弾き語りライブの模様を、そこそこ詳しくレポートしてくれました! 60歳でもないのに赤い衣装で歌う民生さんのお姿が! (ホントに赤がお好きなのねー?)

スコアボードっていうの? 普段、選手名などが表示されるところに、歌った曲名が表示されていました。んで、「JUJU」とか「吉田拓郎」とか書いてありました(笑)。

歌っているシーンもちょいちょい挟まれ、なんだかお得なひととき♪ スタジオでその映像を見ているTOKIOの山口達也くんが「この曲なんだ?」みたいに身を乗り出して聴いている場面もありましたぞ。

ともあれ。
カープの選手を交えての始球式風演出や、○○○○○により曲名紹介など、会場が温かい笑いに包まれた、和やかなライブのレポートでした。民生さんの「広島愛」がヒシヒシと伝わってくると同時に、自分が広島県民でないこと=その広島愛を完全には分かち合えない……ことを、ちょっとだけ残念に思ったのでした(^^;)。(ワタクシ、転勤族で「故郷」がないんでな……)


●そうそう、オマケ情報+α。なんの番組か忘れたんだけど。
ここ数日、NHKのBS番組か何かの宣伝で、BGMに「東京ブギウギ」が流れているんだけど。「れ? この声、民生さんじゃございません?」。確信は持てずにいるんだけど、多分……解散前のカバーを使っている気がする……。(似たようなアレンジをした他のバンドがいるのでなければ)


ハヴァナイスデー(紙ジャケット仕様)

ハヴァナイスデー(紙ジャケット仕様)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SME Records
  • 発売日: 2007/12/19
  • メディア: CD
うれしいなぁ♪

民生さんは、技術的に極めて優れたバンドマンであり、楽しませてくれるプロデューサーであり、それを実行するパフォーマーであり、心に染みる言葉を紡ぐ作詞家であり、もちろんものすごく難しい複雑な楽曲を「そんなことない」ように聴かせる、実は技巧的かつ優れた作曲家であり。

けど、確認のために改めて「東京ブギウギ」を丸ごと聴き直して思う。ワタシは個人的に、まずこの歌唱が好きだ! この歌唱が土台にあるからこそ、上記様々な「民生さん」が好きなんだわ……♪

久し振りに聴いた同曲。若いのに色っぽいです。天性の歌声です。表情豊かです。

そんな民生さんだから、ひとり股旅も成立するんよなぁ。これはもう、ライフワークで毎年各地で歌ってほしいですわ……しみじみ、そう思った朝だったのでした。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ユニコーン・『MOVIE29』感想!(DISC2) [ ・奥田民生]

※この記事で取り上げるのは、「ユニコーン」のイベントの一環で発売されたDVDです。が、標題「DISC2」は奥田民生・ソロ活動のメンバーによるライブなので、カテゴリ「・奥田民生」に分類してあります。


●「DISC2」は、民生さんのソロ活動をギュッと濃縮したようなライブ。バンド「MTR&Y」(湊・民生・礼・有太、かぁ)、ユニット「地球三兄弟」ソロ弾き語り、バンド「サンフジンズ」と、実にバラエティー豊かな民生さんが濃縮して見聞きできます。……できますのですが……。

民生さんの「芸の幅(!?)」があまりにも広いため、ワタクシの中で好き嫌いがあることが判明(^^;)。
個人的な話でアレなんですが、ワタクシ好き嫌いが激しいため、例えば国民的ジブリ作品でも「激しく気に入って何回でも見たい作品」と「そーでもない(放送されていても興味が持てない)」作品とが、はっきり二分されるのです……。「ジブリならなんでも好き♪」って思えない、感受性の幅の狭さよ……orz



個人の趣味からの感想と、今さらのネタバラしを。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「ヨルタモリ」に民生さんが♪ [ ・奥田民生]

●バタバタしており、音楽関係の情報をチェックすることもなく過ごしていた、今日このごろ。当ブログコメント欄にて「KM」さんより素敵な情報をいただきまして! 

フジテレビ系列、日曜夜放送の「ヨルタモリ

ゲストが民生さんの回、無事見られました!
「KM」さんには、この場を借りて深くお礼申し上げまする♪

以下、ほんのりとネタバラし的な感想。


えっ、昨日のは最終回1コ前の放送だったの!?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

民生さん×ZIP×ギター [ ・奥田民生]

●ご無沙汰してしまいました。
もう一つの趣味がらみで新しくブログを立ち上げてしまったからです(てへ)。
さすがにいくつも並行して更新するのは大変(^^;)。

でもでも。
今朝がた、久し振りに民生さんのお姿を拝見しましたよ~!

2015年3月14日(土) @両国国技館
 TOKYO GUITAR JAMBOREE

の様子が、日本テレビ系「おはよん」と「ZIP!」でチラチラと!

各出演者の皆さんが土俵上でアコギ1本で歌うお姿が見られましたが……
いや、しきりと「土俵を模した」ようなことを言っていたので、
土俵上ではなかったのかもしれませんが……
(ほら、土俵上は神聖だから女性すら上がっちゃいけないとか何とか、あるでしょ? しきたりが ^^; )

トータス松本さんは立って「バンザイ~好きでよかった~」を歌ってましたけど、
民生さんはいつものように座って「イージュー★ライダー」でした~。
ああして大勢の演奏スタイルを見ていると、みんな立って歌っているんだよねー。民生さんより年長の玉置浩二さんさえ。民生さんの、いつもの演奏スタイルが異色に見えました……。

最後に出演者全員でビートルズの名曲「All You Need Is Love」を歌ってましたけど、
なんせ土俵……を模した狭いステージですから……芋の子洗い状態で……
変わった映像を見たなぁ……という感想(^^;)。
あと、選曲が「玉置浩二さんっぽい?」とも思いました(^^;)。一瞬だったので、誰の声がしたかしないかまでは聞き取れず(>_<)。


「ZIP!」では、トータスさんと民生さんのインタビューも♪

ギターの思い出を聞かれてて。トータスさんは「ギターが欲しいと言ったら母親は反対したけど
父親が買ってくれた」っていうのが思い出。そういう「原点」を話すコーナーだと思いきや。

民生さんは、「ギターを2本持って家に帰ってきて、それを地面に置いてガレージを開けて、
ギターを置いてたのを忘れたままガレージに入って扉を閉めちゃった」みたいな思い出(笑)。
「あのギターが2本ないけど、どうしたかなー?」と気づいたときには、
誰かに持って行かれちゃってたそうです(;_;)。
誰だ、持っていったのー! 犯罪ですからねー?

いつの話なんでしょうね? 
民生さんのうっかり話、意外でした。

そんな民生さんの最新作などを以下に。

Cover Story

Cover Story

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: KRE
  • 発売日: 2015/03/18
  • メディア: CD
     ↑
民生さんが加入している海外バンド、The Verbs試聴できます
ギターがかっちょいいんだけど、いったい何回重ねてあるんだろ? 
それがちょっと気になります。人数分の音だけが聞こえてくる方が好きなので(^^;)。

The Verbs関連記事は、こちら。 → 
すごいなー、民生さんもついに海外ライブデビューかぁ……!



OT REMASTERS(完全生産限定盤)(DVD付)

OT REMASTERS(完全生産限定盤)(DVD付)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SME
  • 発売日: 2014/10/21
  • メディア: CD
こちらは、昨年出た「選曲が渋い」リマスター盤(^^)。


他にもどこかで聞いたよ、民生ギター


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ヨヒトさんからのメッセージ [ ・奥田民生]

●ええと。
ワタクシ似非ファンなものですから……
「それは何か?」と尋ねられたら答えに窮するのですけど……。

「ゴールデンサークルVol.19」ってイベントが、2015年2月6日に開催されるそうな。
んで、その主宰者・寺岡呼人さんからのメッセージが、
「e+(イープラス)」からのメールに載っていました。
面白かったので、ちょっと抜粋しちゃいましょう。

-------------------------------------
(略)
ゴールデンサークル史上でも最もインパクトのある(?)、
奥田民生と寺岡呼人のユニット“寺田”。
2013年のゴールデンサークル大阪公演では、桜井和寿と共に
“Mr.テラダレン”として登場し、全てを持っていきました。

主宰のワタクシとしては、是非今回は斉藤和義君も引き入れ、
“寺田和義(仮)”の実現を虎視眈々と狙っております(笑)。

実は我々プライベートでもかなり一緒にいて、
そのムードが斬新な“寺田和義(仮)”を作ると確信しています。

(略)
-------------------------------------
<以上、メール「e+(イープラス)チェック!」より引用>


「寺田」は、かろうじて知っている。テレビでチラッと見られたから。
ワタシが見たのは、ケミストリーの堂珍さんも含めた「寺田堂」。
もう、その名前での遊び方だけでも面白かったんだけど(^^)。

演奏が、もっと面白くてねぇ~、「寺田」および「寺田堂」は!

あれは広島の……何とか博覧会の会場だとか言ってたっけ?
印象に残っているのは、ともに広島出身のアイドル・西城秀樹の「ヤングマン」と
吉川晃司の「モニカ」を混ぜた歌! 出来すぎでしょー(笑)。
民生さんが例の如く、演奏しながら「ぷくくくっ(^^;)」って笑っちゃってたと思う。

寺田堂は……大阪の歌を広島に置き換えた替え歌だったかな?
途中で「もみじまんじゅう!」ってブレイクが入っていたと思います。
あれ……2004年だったんかぁ……そんなに前になるかぁ……!


……引用文以降、不確かな情報を、いくつもいくつも連ねました。
なぜならば、引用した文章が本文よりも長かったら「主客転倒」ということで
著作権法に触れるからです! (`・ω・´)キリッ


●で。
引用文に戻って、「Mr.テラダレン」! ナニ、ソレ~(笑)。初めて知ったので、大笑い。
寺田和義(仮)」!(^^) 
もはや、どこかそこらのオジサンのフルネームになっている~、しかも(仮)wwww

何が飛び出すんでしょうね?
もう、絶対にやらかしてくれますよね、なんか面白いことを!

ヨヒトビシャス、GJ(グッジョブ)! ( ゝ∀・ )b






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | -  ・奥田民生 ブログトップ