So-net無料ブログ作成
検索選択
★お仕事日誌 ブログトップ
前の10件 | -

『知的文章の書き方』 [★お仕事日誌]

※この記事は当方の別ブログ記事を抜粋、再掲したものです。
●4年ほど前に当ブログ本編でご紹介した『最強のビジネス文章&書類術』(日経ビジネスアソシエ)に、新聞などの公的な文章にも好ましくないものがある…旨の内容が載っていた。4年前は「そうぉ?」と思ってた。当時は多分、文章を意識的に読んでいなかったのね。

仕事で「文章の通り」のチェックを求められ、誤りやネジレのたくさんある文章に悩まされ続けた。どう指摘したら簡潔でわかりやすい文章になる? 文章に関する技術・知識が仕事で求められていたけど、私自身にはゼロ。だから「文章の書き方マニュアル本」探し。

小論文だのビジネス文書だのに特化されていない、できるだけ応用の利く「簡潔な文章の書き方」本で、自分も納得のいくわかりやすい本。それらを読み、文章を意識してきたいま、新聞にも、ときにわかりにくい・拙い文章があることを実感。冒頭の内容に同感。


●そうして探してきたマニュアル本の一つを、またしてもご紹介。以下を図書館で発見。

知的文章の書き方―自分をうまく表現し、他人をうならせる(日本実業出版社)

知的文章の書き方―自分をうまく表現し、他人をうならせる

知的文章の書き方―自分をうまく表現し、他人をうならせる

  • 作者: 江川 純
  • 出版社/メーカー: 日本実業出版社
  • 発売日: 1996/07
  • メディア: 単行本

以前にもこの手の本をご紹介。そうした本を眺めている割には、頭が悪くて知的でない文章を書き続けていますが、そこは不問でお願いいたします(笑)。

別にうならせなくてもいいんだけど……どんな文章もわかりやすい方がいいじゃない? そんな観点からあまたの本を眺め(立ち読み・斜め読みし ^^; )、アンテナに引っかかった本です。ただ1996年刊行でチョイ古め、Amazonでも中古しかないみたい。


同書の「うなずきポイント」


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ロッキング・オンの求人 [★お仕事日誌]

●この夏、ずっと「素浪人」。
今の取引先と相性悪いみたいだから、次を開拓しなきゃあ……。
そんなときユニコーン掲載誌を読んでいて、思わぬ広告に出合う。

ロッキングオンジャパン 2009年9月号増刊 ROCK IN JAPAN FESTIVAL (ロック・イン・ジャパンフ 2009年 09月号 [雑誌]

ロッキングオンジャパン 2009年9月号増刊 ROCK IN JAPAN FESTIVAL (ロック・イン・ジャパンフ 2009年 09月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ロッキング・オン
  • 発売日: 2009/08/31
  • メディア: 雑誌
(ユニコーンはじめ、フェス出演ミュージシャンの大きな写真とレポあり)
     
広告の内容は……
株式会社ロッキング・オン 校正者・テープ起こし 外部スタッフ募集

グッドタイミングというか、なんというか……。


戯れ言。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

衝撃、2件(笑) [★お仕事日誌]

※この記事は当方の別ブログ09/05/22投稿記事を補筆、再掲したものです。
●衝撃、その1。
何人かで何回か校正刷りをチェックするアルバイトをしている。
何回目かの校正にて。
「ひど~い、何もチェックできてないじゃん。前の校正したの、誰よ……私だ!」。
スケジュールが無茶苦茶だったとはいえ、そのうえその頃体調も良くなかったとはいえ。
今回の作業の質は、我ながら本当によろしくない。「ロ~ボコン、0点」級。大反省。
東映特撮ヒーロー THE MOVIE BOX【初回生産限定】 [DVD]

 ← もはや単独では見られないのですね、ロボコン。(ロボットコンテストじゃないよ)





●衝撃、その2。ネット上をうらうら散歩していて、たまたま目にした本のタイトル。
頭がいい人の文章の書き方 (イラスト図解版)』。
なんと下世話な(笑)、しかし人目を引くタイトルなんでしょう。
(後で調べたら、「頭のいい」と「文章の書き方」は相性がよいらしく、同様の書籍が何冊もヒット)

頭がいい人の文章の書き方 (イラスト図解版)

頭がいい人の文章の書き方 (イラスト図解版)

  • 作者: 日本語倶楽部
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2008/11/22
  • メディア: 大型本

目次に、読みやすい文章の書き方のコツが……


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「読まれる書き方……」 [★お仕事日誌]

※この記事は当方の別ブログ09/05/16投稿記事を加筆修正、再掲したものです。
●珍しく、「勤労」関連の話。今週月曜日、雑誌『PRESIDENT』6/1号(2009年5月11日発売)の広告に目が吸い寄せられた。「書けない、伝わらない…7つの悩み解決/読まれる書き方 バカにされる書き方」。「文書の通りもチェックして、という妙な依頼に基づいて」「仕事として日々文章を読み続けている」者としては、大変気になる記事。近所のコンビニに見に行った。

PRESIDENT (プレジデント) 2009年 6/1号 [雑誌]

PRESIDENT (プレジデント) 2009年 6/1号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: プレジデント社
  • 発売日: 2009/05/11
  • メディア: 雑誌

●一言でいえば、「ビジネス文書の上達法」特集。私が仕事で読んでいる媒体は「ビジネス文書」ではない。私はビジネス文書提出の機会もないし、ましてライターではないし。でも、随分ためになった。草稿は手書きの方がいいとか、まず思ったことを全部書き散らしてみて後から構成せよとか、短くまとめる練習をとか、タイトルをうまくつけられなかったら一旦本文から目を離せとか。齋藤孝さんの記事もあり。

●文章を上達させるには、やはり読書が必須とのこと。ビジネスマンは新聞でもよいから毎日文章を読め、と。ビジネスマンではなくても、言葉に関する仕事をしている以上は、「よい文章」に毎日触れることが必須……でしょうね。センスっていうのはそうやって磨くものなのね、と自戒。何事も日々少しずつ積み重ねていかないと、自分のものにはならんのよね。

※「そういう本を気にしている割には、文章が下手だね」というツッコミは、ナシでお願いします(笑)。当方、ライターじゃないので。あくまでも読者目線で「これ、何っすか?」と指摘を入れるのが、「へなちょこ」の仕事なのでございます。校正って、本来そういうものじゃないんだけど。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「新常用漢字表(仮称)」? [★お仕事日誌]

※この記事は当方の別ブログ投稿記事を再掲したものです。

●常用漢字表に「ない」漢字(以下、表外字)は、扱いさまざま。「常用でないからひらがなにヒラク」、「常用でないからルビを振る」、「常用でないけどみんな読めるから使う」…などなど。だから、どれが常用漢字か表外字か、校正時に把握が必要。
※意外な字が「常用漢字表」に入っていなかったりするもんです。「俺」だの「丼」だの(笑)。詳しくは http://nonkisroom.exblog.jp/1996522/

●その「常用漢字」が、また変わるかも? 「文化審議会国語分科会」の「漢字小委員会」が「新常用漢字表(仮称)の基本的な性格を審議中」なんだそう。「めどとして09年か10年の答申をめざす」んだって(以上、朝日新聞11月14日付夕刊より引用)。

●以前書いたように、現在の常用漢字表は1981年から使われている。四半世紀が経ってこれだけパソコンが普及する時代、そりゃ改訂も必要だって話です。3,4年後にまだ校正の仕事を続けていたら、この辺(文科省サイト)要チェック? 雑誌「日本語学」増刊号「特集 新常用漢字表の作成に向けて」なんてのもあるようです。「新常用漢字表(仮称)」が出てから、チェックしよっと。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

主語の統一(目から鱗) [★お仕事日誌]

※この記事は当方の別ブログ06/09/08投稿記事を再掲したものです。
●標記にあまり意識及ばず。一文中で主語の混乱があれば、当然気がついて直すけど。問題は、複数文にわたる場合。「主語を統一する」アタマが、まったく働いていなかった。前述の『最強のビジネス文章&書類術』(日経ビジネスアソシエ)のおかげで気づく。

●同書「テクニカルライティング」の項で、途中で主語を変えるなという旨のコラムが。 私は会社員です。私は仕事をしています。○社が私を雇いました。」 これは悪い例。最後の文で新しい主語にしてしまうと「情報が途切れる印象がある」(同書より引用)。

●最後の文は私は○社に雇われました。」 に。これまで「内容が伝わるか否か」という漠然とした観点でチェック。上記「悪い例」も意味が通れば見落とし。他の校正者の直しを見て、「ああそうか!」とは思ってたんだけど、観点を意識化できず。今日からはバッチリ?!

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

名詞 「受付、申込み、取組、問合せ」 [★お仕事日誌]

●標記の表記(笑)、いかがでしょう? OK? それとも「要・赤入れ」? /いずれも、動詞として使うときは「受け付ける・申し込む・取り組む・問い合わせる」と、送りがなが必要な語。それらを名詞化したときに、送りがなの表記をどうするか。大いに悩む。

●「受付」は違和感なし。よく見る。「申込み」は、ちょっとヤだけど「もうし」が名詞だと思えば「なくもない」? なら「取組」も「くみ」が名詞だと思えば成立か。「問合せ」は、「とい」という名詞はあるけど、「合せ」の送りがなが気分的にNG。「合わせ」で習う語だから。

●ところが、上記は全部『広辞苑 第五版』(電子辞書)表記。なら『記者ハンドブック』では? 例外事例を除き、「受け付け・申し込み・取り組み・問い合わせ」が第一に来ている。できるなら私は後者を採りたい。学校で習う送りがなに近くてスッキリ。

※でもね~、「スペースが足りないから」と上記のような送りがな部分で文章を「はしょる」人も、時にいるんだよね~。個人的には、よっっっっっぽどスペースが限られた特殊な環境でない限り(つまり普通の、文章を読ませる媒体においては)、そんなことはしたくない気がするんだけど…。この辺はホント、各人の解釈(趣味)次第という気がします…。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

「校正作業員」! [★お仕事日誌]

    ↑
●以前、仕事の「名称」を調べたときには、思いつかなかった表現。『ニッポンの職業・しごと全ガイド (2007)より。まさに「言い得て妙」。仕事期間中は、ひたすら「作業」に追われるもん。校正者でも校正士でもない、身の丈に合った言い回しが気に入る。

●ちなみに同書によると、資格・経験等は問わないが技術は必要、近年「日雇いアルバイト」化が進むジャンル…といった説明も。そうなのよねぇ。近年の求人件数からみても、需要は決して減っていないと思われる。なのに、職業としての立場は年々不安定に?!

夏休みは昨日で終わり。今日からお仕事。少しずつ到着しています。
 
※校正の仕事についても(小さなスペースだけど)記載があって、何となくうれしかった(笑)。これから仕事を探す方には、掲載されている職種が多くてよいヒントになるかも?
    ↓
ニッポンの職業・しごと全ガイド (2007)

ニッポンの職業・しごと全ガイド (2007)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 自由国民社
  • 発売日: 2006/04
  • メディア: ムック

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:仕事

書店にて [★お仕事日誌]

※この記事は当方の別ブログ2006/08/28投稿記事を再掲したものです。

●このところ調子がよい。街に出て歯医者さんで突貫大工事(;_;)のあと、書店巡り。平積みの『最強のビジネス文章&書類術』(日経ビジネスアソシエ)に目がいく。ざーっと眺める。「パラグラフ・ライティング」その他、きちんとした文章の書き方が整理されている。

 ●個人的には、清水義範氏の作文のリズムに関する2ページと、「4行日記で自分の潜在意識に働きかける」旨の2ページに引かれた。引かれたけれども、あとは一通り知っているような気がして、今日は買わなかった。買わなかったけれどもしかし、必要かも…。

●後日買おう。校閲時の「メモ書き」に根拠ができる。説得力が違ってこよう。仕事で文章を書く人・文章を訂正する人、そうでなくても文章に興味のある人の教科書として、とてもわかりやすいかも。仕事先のライターさん・担当さんにも是非見てほしいわん。

最強のビジネス文章&書類術

最強のビジネス文章&書類術

  • 作者: 日経ビジネスアソシエ
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2006/05
  • メディア: 大型本


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

夏休みの宿題 ―続 「送料は誰もち?」― [★お仕事日誌]

※この記事は当方の別ブログ2006/08/18付け投稿記事を再掲したものです。
●先月、「在宅ワーカーの仕事の送料は、誰が負担するものなのか」に関することを書き、多数コメントいただきました。ありがとうございます。横のつながりの希薄な仕事につき、とても貴重で勉強になります。そこで乱暴ですが、いただいたコメントを大雑把に整理。以下の通り。

  ・仕事「依頼主側」負担例 → 6例
  ・請け負った「校正者側」負担例 → 3例
  ・どちら側ともいえない → 1例

  ※母集団が小さいので、業界全体の傾向とはいえません
   あくまでも、当ブログにお寄せいただいたコメント内の傾向、ということで…

●詳細は、リンク先をご覧いただくとして。先輩校正者の方から教わって目から鱗が落ちたのは、「どちら側ともいえない」とさせていただいた、「報酬の中に送料が含まれているかどうか」という観点。頭から抜け落ちておりました(^^;)。
 ページ単価に送料が上乗せされているケースもあるから、ますます純粋な「業務の対価、その相場」がわからない。そんな業界なんだなぁ…とも思いました。

●重要なのは、「仕事の範囲、納期、報酬をちゃんと確認する」それも事前に。「”なあなあ”は厳禁です」と、引用元の『独立事典 (06→07)  完全保存版』(リクルートムック「アントレ」)p.60にありました。耳が痛い(^^;)。

 以上ひっくるめて、「よし、これからは料金のことはウヤムヤにせずこちらから聞いて明らかにしていくぞ」などと決意した次第。ともあれ、貴重なご意見をくださった皆様に、深く感謝しております。改めて、ありがとうございます。
<m(_ _)m>
 

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:仕事
前の10件 | - ★お仕事日誌 ブログトップ