So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

【第12&13回】RCM Radio ゲスト:手島いさむ [ ・ユニ:TV・ラジオ感想]

●うかうかしていたら、「若返る勤労」は「ライブ映像配信」スタイルで一部公開されていたんですね!? 1曲400円……ムリ(>_<)。だって、聞くなら全部聞きたいもん……。

……とボヤッとしていたら、テッシーのみゲストの「RCM Radio」もいつの間にか!

【第12回】RCM Radio ゲスト:手島いさむ(ユニコーン)

【第13回】RCM Radio ゲスト:手島いさむ(ユニコーン)

なぜこの時期に? なぜテッシーだけ? という疑問は、聞いてわかりましたwww


●かねてからテッシーは、バンド・ユニコーン内では「よくしゃべる」「しゃべり続ける」と言われており。しかし、テレビ番組インタビューやユニコーンが進めるラジオ番組では、テッシーはむしろ静かな方。情報の補足をする係(?)。

民生さんは、そんなテッシーの「本当の姿」を何とか我々ファンに伝えたく(?)、これまでにも趣向を凝らしていらっしゃいました。

・持ち番組(?)「OH! MY RADIO」では、テッシーに洋楽解説のコーナーをワザワザ持たせてみたり。

・「ZII(初回生産限定盤)(DVD付)」では、テッシーがしゃべりまくる設定の曲(「手島いさむ大百科」)まで作って、日頃のテッシーのしゃべり力(?)を発揮できる場を用意したり。

・挙げ句、この「RCM Radio」も、「日頃のテッシー」が披露できるよう、「積み込み前の待ち時間のロビー」みたいな日常場面でのユニコーンのおしゃべりをたくさん録音してみたり。

その数々の企画だけで「ふ~ん、普段のテッシーって、そんなにしゃべるんだ……」と、何となくわからせられた気がしていましたが。

いやいや! そんなもんではなかった! www

【第12回、13回】では、ついにテッシーの正体があらわに!!! 普段のしゃべりっぷりが爆発いたしました!(≧▽≦)


●放送を聞いてわかったことを、ちょいと羅列。

・【第12回、13回】は、「若返る勤労」ライブ後の打ち上げ? 時の録音。

・民生さんとテッシー以外のメンバーは「翌日朝が早い」から「体力的に限界(?)で」引き上げた後、らしい。

・【第12回】は、最初こそは「チャリーン」の変形で放送をはばかっているげな雰囲気の編集で遊んでいるけど、ギターの専門的な話になり、テッシーがにわかに熱を帯びる。わかる人には大変参考になる話っぽいけど、門外漢にはチンプンカンプンだ(^^;)。

ユニコーンのギターは、「オレ(民生さん)が丸っこい音」で「テッシーがバシッとした音」で分担しているそう! 演奏の裏話というか意図的なものを、初めて聞いた気がする! 長年、ご本人方がどういう基準でソロを割り振っているのか、知りたかったんで、興味深かった! 

・【第13回】は、曲作りの裏話。これも面白かった! 「電大は、なぜテッシーばかりが曲を書くのか?」「川西さん、EBIくんはやる気がないのか?」「みんなに書かせないのか」と、「わざわざお越しいただいた畳の部屋」(笑)でテッシーを問い詰める民生さん(≧▽≦)。……その解は、面白いので是非、上記リンクにてご確認ください♪ 問い詰めるというか……やりとりに全メンバーへの愛を感じました♪ 

・EBIくんが唯一書いた電大作品が「D-SHOCK」という曲だけど、観客にはウケがよいとのこと。

・話の流れから、「電大に民生さんやABEDONが曲提供!?」みたいな話も。それって結局「ユニコーン」の活動じゃないか……? と思わないでもない(笑)。

……「雪が降っている」などの発言と、ユニコーン公式インスタグラム画像から、恐らく札幌ライブの打ち上げ時の夜更けに録られたと思われる、同Radio。

濃いよ!(笑)

「ときどき声が枯れる」民生さんも、テッシーの「ファンがこれまでに聞いたこともない」加熱したしゃべりっぷりに満足した(笑)っぽくて、さっき出た話をもう一度詳しく熱っぽく語るテッシーを遮って「よし、帰ろう!」とムリヤリ話を終わらせていたのが笑えました(^^)。周りにいるスタッフさんと思われる人たち、爆笑。


いや~、ついに「テッシーのしゃべり」を見事に引き出した民生さん、名プロデューサーだわ~wwwww 時間ができたら文字起こししながら聞きたいくらい、情報満載でした! あ、もちろん個人として楽しむだけですよ(^^)。
ほかにも電大の現場の話が、目に浮かぶようでおかしかった。テッシーはとにかく、曲が書きたい。ユニコーンでボツになったEBI曲とかをデモにしたり。川西つぁんは歌詞を熱心に書いている、電大曲の半分くらい。EBIくんは朗らかにやってきて「ハロ~」言うて「よろしくぅ~♪」言うて、ベースを弾いて帰っていき。作ってこいって言っても「ふふーん」って。曲は「書きたいけどね……」でうやむやになる(笑)。ブレインストーミングですね。テッシーは、そんな二人に強く促すでもなく、とにかく自分で曲を書く。それが一番ノリがいい。よって「電大作品はテッシーが書く」が主流となる……とか(笑)。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。